何となく

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/05/09(火) 03:55:04.75 ID:A+i399QA.net
・[米4月雇用者数、21.1万人増に急加速、失業率10年ぶり低水準]
 ・・前回の急降下の継続は無く、懸念払拭?

・[仏大統領選、マクロン氏圧勝 「フランスの価値守る」
  マクロン氏の得票率は66%と、ルペン氏の34%を上回って過去3番目の大差]
 ・・とりあえず、EU離脱連鎖の懸念払拭

・[「教科書通りいかない」日銀総裁、金融政策の難しさ吐露
  「日本は円安でも輸出が大幅に増えなくなった」とし、
  企業が海外生産を増やした影響にも言及]
 ・・自動車は現地生産化、TVは全滅、スマホも無いから当然?  
 [トランプ政権 対日赤字「米国はこれ以上耐えられない」
  削減は使命とロス米商務長官]
 ・・と、購買力を無視した円安で輸入物価が上がっただけでなく、
  下手すると、黒字分を相殺される政策は必至か
 [黒田総裁は2005年からADBの総裁を務めた。
  日銀とADBの総裁のどちらがよかったか聞かれ、
 「ADBのほうがよりエキサイティングだった」と話した]
 ・・この人は、興奮度で良しあしを判断するのか??
  サプライズ重視でバズーカ連発する意味がやっと分かったよ。
  だったらADBへ戻ってくれ

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/05/12(金) 06:43:52.59 ID:KI2j7H86.net

米国株、ダウ続落し23ドル安 小売株安を嫌気、ナスダックも6日ぶり反落
2017/05/12 05:45 日経速報ニュース 950文字
【NQNニューヨーク=横内理恵】11日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続落した。終値は前日比23ドル69セント(0.1%)安の2万09
19ドル42セントだった。四半期決算が市場予想に届かなかった百貨店のメーシーズなどが急落。小売株が全般的に売られ、市場心理を冷やし
た。
 2017年2〜4月期決算が減収減益で、既存店売上高が落ち込んだ百貨店のメーシーズは17%安で終えた。四半期決算で売上高が市場予
想に届かなかった同業のコールズも大きく下げ、取引終了後に決算発表を予定していたノードストロームにも売りが及んだ。ディスカウントストア
のターゲットなどを含めて小売株が軒並み下げたのが嫌気され、株式相場の重荷となった。
 米連邦捜査局(FBI)長官の解任などを受けてトランプ米政権の政策運営に対する不透明感が強まっており、政治リスクも意識されやすかっ
た。主要な米株価指数が過去最高値圏で推移する中、利益確定や持ち高調整を目的とした売りも出やすく、ダウ平均は下げ幅を一時140ドル
超まで広げた。
 売りが一巡した後は相場が下げ渋った。米景気回復や企業業績の改善を背景に相場の上昇局面が長引くとの期待は根強い。下値では押し
目とみた買いが入ったとの指摘もあり、相場を支えた。
 ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は6営業日ぶりに反落し、同13.179ポイント(0.2%)安の6115.964で終えた。
 業種別S&P500種株価指数(全11業種)では「一般消費財・サービス」「金融」など8種が下落した。一方で「生活必需品」などが上昇した。
 前日夕に発表した決算が市場予想に届かなかった写真・動画共有アプリのスナップが21%安となった。通信のベライゾン・コミュニケーション
ズも下落。同業の買収で合意したと発表したが、財務負担を懸念した売りに押された。
 ソフトバンクグループ傘下のスプリントも安い。ソフトバンクがスプリントとTモバイルUSの経営統合を提案すると報じられたことで買われる場
面があったが、次第に売りに押された。
 一方で、米食品医薬品局(FDA)ががん治療薬を承認したと発表した製薬のメルクが高い。原油先物相場の続伸を受けて石油のエクソンモー
ビルが上昇したほか、アップルも買いが優勢だった。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/05/12(金) 10:54:13.26 ID:2j5/4NXn.net

ゲスト5月12日松井証券 田村晋一さん
https://www.youtube.com/watch?v=qejMPhjFlEc

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/05/13(土) 06:06:17.96 ID:GNs4iErs.net

三菱UFJ、法人融資集約、信託分移管、12兆円規模、マイナス金利で再編。
2017/05/13 日本経済新聞 朝刊
 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は中核子会社を再編する。三菱東京UFJ銀行に三菱UFJ信託銀行の法人融資業務を来春にも
移管する。個人向け投資信託を作る三菱UFJ国際投信については、信託銀の完全子会社とする。日銀のマイナス金利政策で経営環境は大き
く変化しており、グループ内の分担を明確化し、各社の収益力を高める。
 MUFGが開く15日の取締役会で決定する。
 信託銀が銀行に移管する法人融資先は約2600社、計12兆円規模。信託銀は法人営業を担当する200人の一部を三菱東京UFJ銀に出
向させる。住宅ローンなど個人業務はそのまま別々に展開する。
 信託銀の業務移管に伴い、大企業を中心とした法人取引のあり方を見直す可能性もある。融資残高が大きくなれば、従来はメインバンクで
なかった取引先が残高で上位になることもありうるためだ。融資を引き継ぐ三菱東京UFJ銀が残高をどのように維持するか取引先と調整する
見通しだ。
 マイナス金利政策で融資業務の収益は悪化している。業務をグループ内で一本化すれば、法人融資の業務は効率化が期待できる。一方で
、年金や不動産、証券代行など高い専門性が求められる信託業務を伸ばし、金利競争でなく、顧客企業に様々な提案をしながらグループとし
て取引を拡大できる体制を整えられるとの思惑が背景にある。
 三菱東京UFJ銀もマイナス金利の影響を受けている。利ざやが縮小し、融資以外の非金利収入を拡大しないと採算確保が難しくなっている。
信託銀から法人融資を引き受けるのは、信託から人も受け入れ、貸し出し中心のビジネスモデルから脱却する必要に迫られていたという背景
もある。
 法人融資の業務統合とあわせ、資産運用・資産管理部門は逆に体制を強化する。三菱UFJ信託銀は国際投信の株式を51%保有している
が、今回、34%を持つ三菱UFJ証券ホールディングス、15%の三菱東京UFJ銀からそれぞれ株式を譲り受ける。
 少子高齢化で相続業務などの市場拡大を見込み、事業承継や不動産など財産の支援事業に特化する方針だ。
 三菱UFJ信託銀は海外で資産管理会社を相次ぎ買収するなど事業を拡大してきた。今後は経営資源を信託分野に絞る。信託銀行各行はビ
ジネスモデルの見直しを急いでいる。資産運用部門の分社化で選択と集中を明確にしている。
 東京三菱銀行、三菱信託銀行、日本信託銀行(いずれも当時)は2001年に経営統合し、三菱東京フィナンシャル・グループ(現三菱UFJフ
ィナンシャル・グループ)を設立した。今回初めて国内最大手の金融グループが機能別に整理される。
【表】MUFGの信託銀行を巡る再編の主な動き    
2000年   東京三菱銀行、三菱信託銀行、日本信託銀行が持ち株会社の設立を通じた経営統合に基本合意 
 01年  三菱信託、日本信託、東京信託が合併し三菱信託に 
   東洋信託が東海信託を合併 
 02年  東洋信託がUFJ信託に社名変更 
 05年  三菱東京フィナンシャル・グループとUFJホールディングスの経営統合に伴い三菱UFJ信託に 
 18年  三菱UFJ信託の法人貸出業務を三菱東京UFJ銀行に移管

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/05/13(土) 06:10:53.48 ID:GNs4iErs.net

慎重な個人、上値追わず―任天堂に見る「節目」の壁(スクランブル)
2017/05/13 日本経済新聞 朝刊
 日経平均株価の2万円超えが意識されてから早1週間。なかなか超えない「節目」を目前に、早めに利益確定や信用売りに動く個人投資家
が増えている。12日は個人に人気の任天堂が3万円の大台を前に息切れし、日本株の先行きに慎重な個人の多さを映し出した。
 任天堂は12日、午前9時4分に一時前日比215円(0・72%)高の2万9760円を付けた後、息切れし65円(0・22%)安で取引を終えた。
代わって受け皿になったのが、株式市場でも任天堂と人気を二分するオリエンタルランド(OLC)だ。昨年11月以来の7連騰となり、連日で年
初来高値を付けた。
 業績に照らせば任天堂に分があるはずだ。3月に発売した家庭用据え置き型ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」が好調
で、18年3月期は2ケタ増益を見込む声が多い。OLCは減収減益だが、割安感から任天堂に約1カ月遅れで株価は出直りつつある。
□   □
 なぜ、個人マネーは手のひらを返したのか。松井証券の窪田朋一郎氏は「任天堂は3万円の壁が意識された」と見る。上値を積極的に追わ
ず、頂上が見えた時点でいったん利益確定売りに動く。相場が下げに転じたと判断したら、信用売りもいとわない個人ならではの投資スタイル
だ。
 任天堂はスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」のヒットで昨年7月に3万2700円の高値を付けた。OLCは目先の節目が見当たらず、天
井が意識されにくい。市場の人気は双璧でも、「節目」の違いを個人は巧みに捉えた。
 節目節目で逆張りの動きを取るのは個人の特徴だが、北朝鮮リスクなどを背景に4月までは極端な売り買いは鳴りを潜めていた。行き場を
失った個人マネーは膨らみ、投資資金の受け皿であるMRF(マネー・リザーブ・ファンド)の残高は過去最高水準の12兆円規模まで積み上が
った。
□   □
 当初は下げ相場が続き「買い」に回るはずだったのもつかの間、5月の大型連休明けにフランス大統領選挙などを通過して日本株が大幅高
となった途端、個人は上値追いどころか、「売り」に傾き始めた。
 相場全体でも売り基調は顕著だ。日経平均と逆方向に2倍の値動きをする「NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動
型上場投信」の投資口数は足元で7744万口と過去最高にある。日経平均が下げると収益が拡大する仕組みだ。
 松井証券の信用売り残高は200億円台だった4月中旬から一転、足元では400億円を超えている。
 企業の決算発表もヤマ場を越え、来週は経済統計も少ない「材料の空白時期」に差し掛かる。2015年から足元までを見ると、日経平均が
1万9000円から2万円超の価格帯は累積売買代金が530兆円規模に達するという。こうした売り圧力も個人の慎重姿勢につながっている。
 日経平均が2万円に再び挑む号砲があるとすれば、個人の売買をきっかけに海外勢の資金がどこまで戻ってくるかだろう。(嶋田有)
【表】12日は節目で売られる銘柄が目立った  
銘柄名 取引時間中の高値→終値 
任天堂※ 2万9760円→2万9480円 (▲0.22) 
東エレク※ 1万5280円→1万5085円 (▲0.19) 
SUMCO※ 2043円→1928円(▲0.36) 
そーせい 1万2090円→ 1万1940円(▲0.50) 
マクロミル※ 2034円→1995円(▲0.20) 
(注)カッコ内は12日終値の前日比騰落率、%、▲は下落。※は年初来高値 

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/05/13(土) 06:12:37.58 ID:GNs4iErs.net

株、2万円阻む3つの要因、円安、想定ほど進まず、「トランプリスク」再燃、派生商品が需給に影。
2017/05/13 日本経済新聞 朝刊
 日経平均株価が節目の2万円を前に足踏みしている。今週に入り上値が重くなっている背景を探ると、投資家の期待ほど円安に振れない為
替や、再び広がり始めた米トランプ政権の政策リスクに加え、デリバティブ(金融派生商品)が相場のかく乱要因になっている。
 投資家が日本株を買い進めない大きな要因は、想定ほど進まない円安だ。今週は最大の懸念材料だったフランス大統領選が独立系中道候
補のマクロン氏の勝利に終わり、極右候補のルペン氏は敗れた。相前後して米国の6月利上げ観測も重なり、9日夜の時間外取引で1ドル=
114円台まで円安が進行。日経平均先物は時間外取引で一足先に2万円台を付けた。
 にわかに市場関係者が色めき立ったのもつかの間、翌10日の東京市場では節目の115円台には届かず、押し戻された。核実験をほのめ
かす北朝鮮などの地政学リスクに加え、頼みの米国も経済統計は強弱感の交錯した内容が目立つ。
 景気などをにらみながら機動的に売買する「マクロ系ヘッジファンド」なども「日本株の上値を追う機運に乏しい」(BNPパリバ証券の岡沢恭弥
氏)。相場の上昇をけん引するはずの外国人をはじめ積極的な買い手を欠く相場が続いている。
 追い打ちをかけたのが、米連邦捜査局(FBI)長官の解任をきっかけに改めて広がり始めたトランプ米大統領の政策懸念だ。
 FBI長官の解任ではトランプ氏の所属する共和党内からも批判が相次いでいる。公約だった大規模なインフラ投資や法人税減税などを打ち出
したものの、「政治的な混乱で政策の実現が遅れかねない」(国内証券)。
 特需期待で買われてきた日本株には逆風で、12日はコマツが2%安、日立製作所は後場一段安となり市場心理を冷やした。
 日経平均が2万円に近づくにつれ、デリバティブに伴う需給面の重荷も意識され始めた。
 代表例が日経平均株価の値動きで将来の運用成績が変わる「日経平均リンク債」と呼ばれる金融商品。利回りの高さが個人を中心に人気
を呼んでいる債券だが、日経平均が2万円の節目を超えると早期償還される条項が付いているものも多い。
 債券情報サービスのインペリアル・ファイナンス&テクノロジーの調べによると、日経平均が12日終値より5%高い2万0900円前後まで上昇
した場合、3カ月以内に償還されるリンク債は累計で9264億円(発行額ベース)に達する。こうした商品を引き受けた証券会社などが先物に売
りを出すケースも多い。
 不安材料をひとつずつこなしていけば、日本株の上昇は続くとの期待は根強い。欧州の年金基金などを運用する仏アムンディ・アセットマネジ
メントのロマン・ボッシェ氏は「企業業績の伸びや株価の割安さからみて日本株に前向きな見方は変わっていない」と話す。
相場の過熱感は薄いが…   
(2015年6月との投資環境の違い)   
 17年5月12日 15年6月24日 
日経平均 1万9883円 2万0868円 
米ダウ平均 2万919ドル 1万8144ドル 
円相場 1ドル=113円台 1ドル=123円台 
東証1部のPER 16.4倍 17.7倍 
米国株のPER 19.2倍 19.7倍 
世界のGDP予想成長率 3.5% 3.5% 
(注)米市場は前日の値  

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/05/15(月) 16:20:19.70 ID:ORgWPnXr.net

第一生命が最高益、前期2300億円、6期連続、米子会社が好調。
2017/05/15 日本経済新聞 夕刊
 第一生命ホールディングス(HD)の2017年3月期決算は、連結純利益が前の期比約3割増の2300億円強だったもようだ。10年の株式上
場以来、6期連続で最高益を更新した。米国子会社が好調だったほか、市況が好転し将来の保険金支払いに備えて積み増す準備金を取り崩
した影響も出た。売上高にあたる保険料等収入は減収となったもようだ。
 第一生命HDの16年3月期の連結純利益は1785億円で、2000億円を超えるのはバブル経済期以来となる。子会社の米プロテクティブや
同社を通じて買収した海外の保険会社が好調だったほか、昨年にみずほフィナンシャルグループと資産運用会社を統合したことに伴う株式の取
得益も発生した。
 トランプ米大統領の当選後、日本やオーストラリアの長期金利が上昇し、解約に備えて積み立てる金額が少なくなったことも会計上寄与した。
 一方、保険料等収入は低金利による運用難で採算が悪化した一時払い保険の販売を抑えたことなどが響き、減少したもようだ。ただ、本業の
もうけを示す基礎利益では増益を確保したとみられる。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/05/15(月) 18:06:50.04 ID:IdknWYc9.net

三井住友FGの前期、連結最終益7065億円 前々期は6466億円の黒字
2017/05/15 18:00 日経速報ニュース 284文字
三井住友フィナンシャルグループ(8316)
16/3 17/3 18/3
経常収益 47,721 51,332 ―
営業利益 ― ― ―
経常利益 985,284 1,005,855 ―
最終利益 646,687 706,519 630,000
1株利益 472.99 516.00 446.80
(注)単位:経常収益は億円、利益は百万円、1株利益は円、▲は損失

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/05/15(月) 20:28:23.15 ID:IdknWYc9.net

みずほFG社長、東芝「支援の姿勢は基本的に変わらない」
2017/05/15 18:12 日経速報ニュース 426文字
 みずほフィナンシャルグループ(8411)の佐藤康博社長は15日午後、2017年3月期決算の記者会見で東芝(6502)の再建をめぐって「基本
的にサポートする姿勢は変わらない」との考えを示した。同日、東芝が公表した連結業績概要に監査人の意見が付かなかったことについて「
これによって融資のスタンスを変えることはない」と強調した。
 東芝の業況については「キャッシュフローは若干改善している」とし、資金繰りが改善している点について一定の評価をした。半導体メモリー
事業の売却をめぐって協業先の米ウエスタンデジタル(WD)との話し合いが難航していることについては「早期に解決されることを願う」と述べ
るにとどめた。
 その上で、監査法人の意見が不可欠な「有価証券報告書」の提出期限を念頭に「6月末に向けて状況を注視していかなければならない」と
し、「上場廃止問題が現実味を帯びてくれば(融資姿勢を見直す)大きな要素になる」とも語った。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/05/16(火) 06:50:59.77 ID:HguEGpiX.net

東芝、揺らぐシナリオ―5大銀、引当金2200億円。
2017/05/16 日本経済新聞 朝刊
 米ウエスタンデジタル(WD)による売却差し止めが認められ、東芝の半導体メモリー事業の売却シナリオが狂えば、銀行団の協調融資の前
提は崩れることになる。
 15日に決算発表したメインバンクのトップからは「両社間で解決に向けて努力し、(東芝メモリ株の)売却で財務基盤を強固にしてほしい」(三
井住友フィナンシャルグループの国部毅社長)と懸念する声が相次いだ。
 4月に銀行団は東芝メモリ株などを担保に協調融資の継続を決めたばかり。WDはメモリ株の担保差し入れにも反対しており、東芝は融資枠
から資金を引き出せない事態が続いている。
 東芝は金融機関に設備投資や借入金の返済で年度内に最大1兆円の新規借り入れが必要と説明。主要行は7000億円弱の融資枠を設け
たほか、新たな枠を設定する方向でも調整していた。融資枠を使えない状況が続くと、資金繰りにも支障を来しかねない。一部の銀行は無担
保でも資金を引き出せるようにするなど代替策の検討に入った。銀行団の支援体制が急に崩れることはなさそうだが、楽観はできない。
 5大銀行グループが2017年3月期決算で積んだ東芝向けの貸倒引当金は計2200億円規模。各行は現状を踏まえ、東芝の債務の扱いを
「正常先」から1段低い「要注意先」に下げた。三菱UFJフィナンシャル・グループは特に注意が必要な「要管理債権」とした。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/05/19(金) 06:08:42.57 ID:xGr8kJdp.net

東芝支援、銀行団が苦慮、融資継続へ奇策浮上、メモリ株式を「みなし」担保に。
2017/05/19 日本経済新聞 朝刊
 経営再建中の東芝に対し、主要行が新たな支援策の検討に乗り出した。協業先である米ウエスタンデジタル(WD)の反対で、すでに設定し
た融資枠から東芝が資金を引き出せない状態が続いており、このままでは資金繰りに懸念が生じかねないためだ。ただ慎重論を唱える金融
機関もあり、主要行の足並みがそろうかは見通せない。(1面参照)
 東芝は4月中旬に開いた銀行団との会合で、半導体メモリー事業を分社した新会社「東芝メモリ」などの株式を担保にすることで融資の継続
を取り付けた。しかしメモリ株の売却に反対するWDは担保の提供にも異議を唱えており、「(7000億円弱にのぼる)融資枠から資金を引き出
せない状態が続いている」(大手行幹部)。
 そんな中、一部主要行で浮上しているのが「保護預かり」というしくみ。融資を続ける代わりに、株券を銀行の手元に置きとどめるように定める
ことで「実質的な担保の設定と同等の効果」(関係者)をねらう。この枠組みを使えば、銀行は担保を設定したとみなすことができ、東芝は融資
枠から資金を引き出せるようになるという。
 そもそも事態がここまでこじれたのは銀行団にとっても誤算だった。前期末で5400億円の債務超過だった東芝への融資を続ける前提は、企
業価値が最大2兆円ともされる東芝メモリ株を売却すれば、「自己資本を回復できる」(主力行幹部)と考えていたためだ。
 WDとの膠着状態が続き、年度内の売却が実現しなければ2期連続の債務超過で上場廃止の可能性が高まるだけでなく、銀行団としても支
援の根拠を問われかねない。
 5大銀行グループは前期に東芝向け融資で計2200億円規模にのぼる貸倒引当金の計上を余儀なくされた。半導体メモリー事業の売却交
渉がはかどらなければ、引当金の積み増しを迫られかねない。東芝をめぐる銀行団の苦悩は一段と深まっている。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/05/19(金) 06:12:08.87 ID:xGr8kJdp.net

米ベイン、MBO提案、東芝半導体、入札期限先延ばし。
2017/05/19 日本経済新聞 朝刊
 東芝の半導体メモリー事業の入札で、米投資ファンドのベインキャピタルがMBO(経営陣が参加する買収)を提案することが18日わかった。
同事業を分社した「東芝メモリ」にベインが51%以上出資し、残りは東芝メモリ経営陣や東芝本体などが保有する形を取る。ベインは少数株主
として官民ファンドの産業革新機構にも出資を打診する方針で、新たな有力候補になる可能性がある。(関連記事7、14面に)
 ベインは東芝メモリ株の過半数の取得のために特別目的会社(SPC)を設立する。メモリー大手の韓国SKハイニックスがSPCに資金供給す
る格好で連合を組む。ハイニックスは黒子にとどまることで独占禁止法への抵触を避ける。
 買収後は2年後をメドに東京証券取引所に東芝メモリを上場させ、投資資金を回収する計画だ。
 ベイン陣営の買収総額は1兆数千億円規模とみられ、東芝が求める「2兆円以上」(綱川智社長)に届かないもよう。ハイニックスとの協業に
よる東芝メモリの成長可能性を訴え、東芝側の譲歩を引き出す考えだ。東芝は2次入札の締め切り日を19日としていたが、継続募集する見通
し。協業先の米ウエスタンデジタル(WD)が売却停止を求め国際仲裁裁判所に仲裁を申し立てたことで応札企業側に動揺が広がっている。ベ
インは買収へWDとも協議する考えを示している。他陣営の動きも活発で東芝半導体の争奪戦は一段と激しくなる。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/05/19(金) 06:23:38.89 ID:xGr8kJdp.net

「先物の山」に胸騒ぎ―高まる株価変動率、売り誘う(スクランブル)
2017/05/19 日本経済新聞 朝刊
 日米株式相場の変動率(ボラティリティー)が急に高まり、市場関係者は先行きに不安を感じ始めている。焦点は、機械的に売買する一部の
投資家が積み上げてきた株価指数先物の「山」。崩れ落ちると相場の大きな重荷となる。
 「しばらくは『山崩れ』に警戒しないといけない」。大手国内証券のトレーダーは懸念する。見ていたのは外資系証券経由の先物の買い持ち高
(建玉)と日米の株価変動率。欧米系6社の東証株価指数(TOPIX)先物の建玉は2016年以降で最高水準だ。変動率の急上昇が山崩れの
きっかけになりかねないとみる。
 トランプ政権の先行き不安から、米S&P500種株価指数の予想変動率を示すVIX指数は17日、前日比4・9ポイント高い15・59まで急伸し
た。上昇幅は昨年9月9日以来、約8カ月ぶりの大きさだ。VIXは値が大きいほど、投資家が相場が大きく動くと見ていることを示す。同指数は
先週、約20年ぶりの低さを記録していた。日本株の予想変動率もほぼ同じ動きだ。
□   □
 なぜ株価変動率の上昇が山崩れの予兆といえるのか。これを理解するには、低い変動率の下で株価指数先物を積み上げた投資家の行動パ
ターンを知る必要がある。市場参加者の一部が観察しているのはバークレイズ証券の建玉推移だ。
 バークレイズは16年1月に日本の現物株取引から撤退し、主に先物やオプションの電子取引を手掛けている。同業他社のトレーダーは「顧
客の中心はCTA(商品投資顧問)などで、証券会社の人手に頼らずに電子取引システムで売買している」と推測する。
 バークレイズの建玉からは直近までCTAが買い持ち高を積み上げていたことが読み取れる。CTAは値動きのトレンドに沿って先物を売買す
る順張り投資家で、相場変動リスクが高まると機械的に持ち高を縮小し、「安全運転」に切り替える特徴がある。
 欧米年金などの間でも、株価変動率に着目した資産配分が広がっている。「リスク・パリティ」と呼ばれる手法で、変動率が一定の水準を超え
ると自動的に売り出す。CTAとリスク・パリティ投資家がVIXの上昇を見てリスク回避に動けば、日本株も無傷ではいられない。15年8月の中
国人民元切り下げで起きた世界株安は、リスク回避の連鎖が一因だったとされる。
□   □
 機械的な売りに対抗できるのは、景気見通しや企業業績を分析して買いに動く投資家たちだ。だが日本株への関心は乏しいとみられ、ゴー
ルドマン・サックス証券の株式営業責任者、ベンジャミン・ファーガソン氏は「米国投資家の関心はインフレ率が上昇傾向にある欧州に向いてい
る」と話す。
 結局、日銀の上場投資信託(ETF)購入と事業会社による自社株買いに頼るしかない。「トランプ・ショック」が広がりを見せたとしても、これら
の買いで山崩れの被害を食い止められるかもしれない。確実にいえるのは日経平均株価で2万円までの距離は広がりつつあることだ。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/05/21(日) 06:55:47.93 ID:OJMoply6.net

銀行は収益構造の改革を急げ(社説)
2017/05/21 日本経済新聞 朝刊
 銀行の2017年3月期決算が出そろった。日銀が昨年2月に始めたマイナス金利政策が通期で響く最初の年度決算は、地方銀行の収益環
境の厳しさが改めて鮮明になった。メガバンクは比較的堅調だったが、新たな成長の見取り図が描けているとは言いがたい。
 大手銀の前期の合計純利益は3年連続で減ったが、減益率は3%にとどまった。マイナス金利の影響で国内の貸出業務の利ざやが縮小し
た分を海外での収益で埋め合わせた。
 最大手の三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)の純利益は9264億円。4期連続で1兆円前後の利益を計上した。傘下ノンバンクで500
億円の損失が生じたが、米投資銀行やタイ子銀行が好調だった。三井住友FGは7千億円、みずほFGは6千億円と、計画並みの純利益は確
保した。
 リーマン危機下の08年度に45件あった国内上場企業の経営破綻は、26年ぶりにゼロになった。新規の大型の経営不振企業への対応も事
実上、東芝1社に限られた。
 だが現状に安住していては日本経済の活性化に貢献するという銀行の使命は果たせまい。3メガ銀行を合わせた現金・預け金は2割以上増
えた。貸し出しを増やせず、顧客に適切な投資商品を提示していない現状を端的に示す。
 メガバンクはこれまで相乗効果が不十分だったグループの銀行・証券・信託の力を結集し、収益の構造改革を加速させるべきだ。ITを活用し
たフィンテックへの取り組みの強化も欠かせない。
 一方、海外展開が難しい地銀合計の純利益は11%減った。地元経済の地盤沈下で新規の貸出先は乏しい。利回りを稼ぐため外債投資に
資金を振り向けたが、米国債の価格下落で損失を被る地銀が続出し、八方ふさがりの感もある。
 スルガ銀行のように戦略を工夫することで連続最高益を計上する地銀も出てきている。業界内では再編や大胆な提携が増えてきた。あらゆ
る選択肢を視野に、生き残りの方策を模索する時期だ。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/05/22(月) 14:39:58.88 ID:rvuJnhC8.net

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/05/23(火) 06:49:29.80 ID:8VfnJC2/.net

資産管理アプリ、銀行口座と連動、みずほ銀など。
2017/05/23 日本経済新聞 朝刊
 みずほ銀行は22日、資産管理アプリを運営するマネーツリー(東京・渋谷)などベンチャー企業と連動したサービスを始めた。口座の残高を
確認する際、ベンチャー企業にパスワードなどを預けずに済む。従来より安全性を高め、アプリを使いやすくする狙いだ。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/05/23(火) 15:50:04.47 ID:9uqfGsrs.net

05/23 8411 みずほFG マッコーリー Neutral継続 220円→200円

 欧州系大手証券会社が5月23日、みずほフィナンシャルグループ<8411>のレーティングを中立(ニュートラル)に据え置いた。
一方、目標株価は220円から200円に引き下げた。因みに前日(5月22日)時点のレーティングコンセンサスは3.57(アナリスト
数14人)で「やや強気」の水準、目標株価コンセンサスは235円(アナリスト数14人)となっている。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/05/24(水) 07:33:40.06 ID:WIhAKaJK.net

日本株ADR23日、高安まちまち オリックスやみずほFGが上昇、野村が下落 
2017/05/24 05:39 日経速報ニュース 154文字
【NQNニューヨーク=戸部実華】23日の米株式市場で日本株の米預託証券(ADR)は高安まちまちだった。
日本の株式相場が下落した半面、米株式相場は底堅く推移し、日本株ADRも売り買いが交錯した。
オリックスとみずほFGが1%上昇したほか、トヨタも上げた。一方、野村が1%超下落し、LINEやキヤノンなどが下げた。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/05/25(木) 14:59:35.04 ID:U4It/T2T.net

4陣営、2兆円提示も、東芝、半導体売却で説明、銀行団に。
2017/05/25 日本経済新聞 夕刊
 東芝は25日、半導体メモリー事業の売却を巡り取引銀行団の会議を開き、状況を説明した。関係者によると、子会社「東芝メモリ」について
、買収に4陣営が名乗りを上げており、売却額が2兆円を超えている陣営があることを認めた。
 4陣営は米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)、半導体メーカーの韓国SKハイニックス、米ブロードコム、台湾の鴻海精
密工業だ。
 4陣営とは別に、東芝と提携関係にある米ウエスタンデジタル(WD)も個別に売却協議に入る方針。WDは他社への売却に反対しているが
、銀行団への説明では、東芝側から、WDへの売却は難しいとの発言も出たという。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/05/26(金) 03:22:02.55 ID:VZWFB1YX.net

みずほFG:新事業支援会社を設立、付加価値1000億円−フィンテック
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-05-25/OQ3A046JIJUP01

みずほ15%未満、WiL50%出資、東京と米シリコンバレーに拠点
次世代ビジネスを創出へ、地方銀行にも出資呼びかけ−山田常務

みずほフィナンシャルグループは、6月下旬をめどに米国のシリコンバレーに本拠を置く投資会社「WiL(ウィル)」と合弁会社を設立する。
新会社は内外企業から新規事業のアイデアを募り、金融と情報技術(IT)を融合させたフィンテックを駆使してビジネスへの実用化を支援
する。新会社が創出支援する新事業の売り上げ増加やコスト削減効果などを合わせると、2020年度には1000億円の付加価値を生み出
す計画だ。

  みずほFGデジタルイノベーション担当の山田大介常務執行役員は、インタビューで「異業種との交流で次世代ビジネスを創出したい」
と語った。新会社の出資割合は、みずほFG15%未満、WiL50%程度、このほか伊藤忠商事、損保ジャパン日本興亜、第一生命などが計
35%程度とし、東京とシリコンバレーに拠点を置く予定。新会社への出資や業務提携については「地方銀行などにも呼びかけていく」という。

  みずほFGは4月にデジタルイノベーション部を新設。これまでにフィンテックを駆使した資産管理や運用、決済事業などの実証実験を
進めている。新会社は、フィンテックだけでなくさまざまなモノとインターネットをつないで便利に使うことを目的にしたインターネット・オブ・
シングス(IoT)全般を対象とし、人工知能(AI)やビッグデータ、新認証技術のブロックチェーンなどを活用する方針だ。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/05/26(金) 07:14:56.99 ID:9QLn/rQ0.net

みずほ、「付加価値1000億円生む」、フィンテックで新会社。
2017/05/26 日本経済新聞 朝刊
 みずほフィナンシャルグループ(FG)が金融とIT(情報技術)を融合したフィンテック分野に力を入れている。専任担当役員の山田大介常務執
行役員=写真=を社長とするIT新会社を6月に設立する。山田常務は2020年をメドにフィンテックの活用で収益を拡大、コスト削減も進め「1
000億円の付加価値を生み出す」と語った。
 みずほFGの佐藤康博社長はフィンテックを活用するための「勉強は終わり、実用化に入った」と表明。山田常務を4月にChief Digital Inn
ovation Officer(CDIO)に就けた。
 新会社はフィンテック関連の新たなビジネスを創出することを目的にしている。ベンチャーキャピタルや伊藤忠商事なども出資する。みずほは
15%未満の出資にとどめ、持ち分法適用の対象外にする。山田常務は「金融に限らず連携を進めて仲間を増やし、フィンテックを活用したサ
ービスのデファクト・スタンダード(事実上の標準)を作りたい」と強調した。
 みずほは6月からフィンテック強化の一環としてブロックチェーンを使った貿易取引を始める。取引期間を短縮でき、事務コストが下がる。山田
常務は「製造業のサプライチェーンにも応用できる」と述べ、新たな仕組みづくりに意欲を示した。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/05/27(土) 07:12:19.34 ID:begpr77y.net

日本株ADR26日、売り優勢 京セラや三菱UFJが下落
2017/05/27 05:19 日経速報ニュース 144文字
【NQNニューヨーク=神能淳志】26日の米株式市場で日本株の米預託証券(ADR)には売りが優勢だった。
米株式相場が前日終値を挟んで膠着感を強める中、日本の株式相場の下落が響き日本株ADRにも売りが目立った。
京セラや三菱UFJが下落。トヨタやLINEも安い。一方で、ソニーや野村が上昇した。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/05/28(日) 09:22:56.10 ID:f+Nvsv8u.net

個人融資、AI審査、みずほ銀・ソフトバンク、最短30分で。
2017/05/28 日本経済新聞 朝刊
 みずほ銀行とソフトバンクは9月から、人工知能(AI)を使った個人向け融資を始める。銀行口座の入出金履歴や携帯電話の利用料金の支払
い状況などをもとに信用力を点数化し、最短30分で融資する。AIを使った個人向け融資は国内初。20〜30歳代の利用を想定し、収益の柱に
育てる。
 信用力を点数化して貸し出す手法は「スコア・レンディング」と呼ぶ。みずほ銀とソフトバンクが昨年、共同出資で設立した「Jスコア」が事業を
担う。客はスマートフォン(スマホ)で必要な情報を入力すれば、1000点を上限とする点数により貸出額や金利を決める。貸出額は年収の3分
の1までとする。
 銀行口座の預金量やATMの利用回数に加え、資金の使い道や趣味なども点数化の対象。例えば、スマホの契約年月が伸びると点数は上
がる。点数が高くなると、貸出額が増え、金利は下がる。点数は毎月変える。判断材料を増やして審査の精度を高め、金利は年1・8〜15%程
度のカードローン金利より抑える。
 みずほ銀は生活資金としての利用より、資格取得などの資金として使ってもらいたい考えだ。与信判断が難しく金利が高くなりがちな若年層
への貸し出しを増やす。米国では低金利の教育ローンを提供する金融ベンチャーが台頭。みずほ銀とソフトバンクもそうした取り組みを視野に入
れる。
 

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/05/29(月) 20:30:52.05 ID:Fqbn5G65.net

日銀は10年債0.1%超え容認を、インフレ点火は近い−伊藤隆敏教授
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-05-28/OQO9706K50ZP01

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/05/31(水) 06:19:19.16 ID:NeLZKcQz.net

みずほ証券、優秀な若手確保へ給与大幅アップ、来春初任給、最大15%。
2017/05/31 日本経済新聞 朝刊
 金融界で若手を確保する賃上げ競争が激しくなってきた。みずほ証券は2018年4月入社の新入社員や、入社2〜3年目の若手の給与を大
幅に引き上げる。同社はみずほグループ内の銀行との連携による顧客基盤の拡大で人手不足感が強まっている。新卒採用で売り手市場色が
強まる中、待遇を改善して優秀な人材を確保しやすくする。
 来春入社の初任給は今春比で総合職が6・5%増、地域間異動がない特定職が15%増。両職間の差をなくし、金額は24万5000円で統一
した。大学院卒は27万円とする。初任給の引き上げは2年連続で、昨年4月入社の初任給と比較するとそれぞれ約20%、29%と大幅なアッ
プとなる。入社2〜3年目の若手社員の給与も4〜8%上げる。
 みずほ証券は自社の営業店以外に、みずほ銀行との共同店舗「プラネットブース」を165店設置している。当初は2人程度の小規模店舗だっ
たが、顧客数が増えてきたことから人員増強が急務だ。従来はほとんどなかった法人部門への新人配属も増えているという。
 来春の採用予定人数は400人で、13年4月の実績(178人)比では倍以上。アベノミクスによる活況相場などで証券各社は軒並み採用を
増やしており、人材獲得競争が激しくなっている。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/06/01(木) 02:09:53.42 ID:s9Xoseco.net

三井住友銀、4000人を再配置 本店に事務集約 相談型の店舗拡充
http://www.sankei.com/economy/news/170601/ecn1706010002-n1.html

 三井住友フィナンシャルグループ(FG)の国部毅社長は31日までに産経新聞のインタビューに応じ、今後3年間で三井住友銀行の全430
店を、相談業務に力点を置いた「次世代型店舗」に移行する計画を明らかにした。各支店で行っている事務作業も本店に集約。人工知能(AI
)などを使って効率化を図り、約4千人を新たな事業部門に再配置する。
 国部社長は「店舗に行く人が減り、スマートフォンで決済するなど、消費者の行動様式が変わってきている」と指摘。変化に対応するため、ス
マホのアプリを改善して利便性を高めるほか、事務部門の本店集約により空いたスペースを、資産運用の相談ブースなどにつくりかえる。店
舗数は現状を維持する。
 事務作業はAIやロボット技術を活用して自動化する方針。国部社長は「初期費用として500億円くらいかかるが、3年で200億円、5年で
300億円のコスト削減効果が得られる」と語った。
 また、三井住友FGはNTTデータなどと共同で本人認証サービスを提供する新会社を設立した。指紋や顔、声などの生体情報で本人確認し
、IDやパスワードの入力が不要となる仕組みの構築を目指す。国部社長は「生体認証のプラットフォームをつくる」と強調した。
 このほか、課題とされる信託業務については「事業承継などを強化し自前で拡大する」と述べ、当面は他社との提携や買収を否定した。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/06/02(金) 06:16:27.94 ID:NGCV4y0k.net

動かぬ郵政株、思惑交錯―追加売り出し、需給悪化も(スクランブル)
2017/06/02 日本経済新聞 朝刊
 日本郵政株の値動きへの関心が急速に高まっている。政府保有株の追加売り出しは早ければ今夏とみられており、新規株式公開(IPO)時
の売り出し価格(1400円)近辺にある今の株価について投資家や証券会社の思惑が交錯している。弱気派は市場全体の需給悪化を懸念し、日経平均株価の年末高のシナリオも揺らぎ始めた。
 「あれだけの減損損失を出した割には底堅い」。国内証券ストラテジストは最近の日本郵政の値動きをこう評する。
 日本郵政が「買収した豪トールで約4000億円の減損損失が出る」と発表したのは4月。ニュースが飛び出した直後に1200円台まで下げた
が、その後は1400円を上回る水準を回復。最近の2週間ほどは1350円前後に張り付く。6月1日の終値は1358円だった。
□   □
 上にも下にも動かない株価をみて、市場の一部には「とうとう追加売り出しに動くのでは」との観測が出る。「IPO時の売り出し価格を大きく下
回らないように、証券会社が買い支えている」との思惑すらある。また今年6月のIPO企業数は昨年の半分程度。日本郵政の追加売り出しで
需給が悪化しないよう、他社の上場時期をずらしたとの見方もある。
 日本郵政が傘下の2金融機関とともに上場したのは2015年11月。その時の資金吸収額は3社合計で約1・4兆円に達した。追加売り出し
の規模や時期は決まっていないが、少なくとも数千億円とされ、今年最大案件になるのは確実だ。
 売り出し株を投資家に販売する証券会社の鼻息は荒い。ある首脳は「IPOの時の人気はものすごく、次もいくらでも販売できる」と自信をのぞ
かせる。
 それでも相場への影響を懸念する声は市場に消えない。国の予算と連動する政府保有株の放出は、相場の地合いに応じた計画変更が難し
いためだ。
□   □
 日経平均株価は2万円の大台を目前に足踏みし、海外要因に左右される地合いが続く。そこに大規模な資金調達が重なると需給悪化を招
き、相場が一気に崩れかねない。
 悩ましいのが売り出し価格の設定だ。歳入を優先して時価より高い価格を目指せば、需要難で日本郵政が値崩れを起こす可能性がある。
逆に安いと、売り出し株を買った投資家の利益確定売りの目線が下がり、上値を抑える要因になる。
 成長シナリオの不在も気になる。今の日本郵政の収益の柱はゆうちょ銀行とかんぽ生命保険からの配当収入。だが金融2社の株式を段階
的に売却することは決まっている。「将来は事業収入で稼いでいかなければならないのに、その姿が見えにくい」(松井証券の田村晋一ストラ
テジスト)
 過去を振り返ると、NTTのように民営化した元国有企業は、規模の大きさや体質改善の遅れから、成長軌道に乗るまでに相当の時間がか
かった。このまま大規模な追加売り出しが実施された場合、市場は重荷を長く背負い込むことになるかもしれない。(嶋田有)
【表】政府保有株放出による市場からの資金吸収額   
企業名 放出年 吸収額 
NTT 1986年 約2.4兆円 
 87年 約5兆円 
 88年 約2.9兆円 
 99年 約1.6兆円 
 2000年 約1.2兆円 
J T 1994年 約5700億円 
 96年 約2220億円 
 2004年 約2400億円 
 13年 約7500億円 
郵政グループ3社 2015年 約1.4兆円 
JR九州 2016年 約4100億円 
(注)野村証券のデータより作成。自社株買いの影響は除く  

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/06/03(土) 07:10:26.53 ID:btlaNUzP.net

海外マネー、そろり回帰、半導体・IT株主導、自動車・金融は足踏み。
2017/06/03 日本経済新聞 朝刊
 日経平均株価がようやく2万円を回復した。半導体やIT(情報技術)関連の株に海外マネーが向かい相場を押し上げている。ただ、日本株全
体を買う動きには至っておらず、自動車や金融といった主力株は足踏みしている。海外の株式市場と比べると日本株の出遅れは鮮明で、日経
平均が2万円を超えて上昇していくには買いの裾野を広げるための新たな材料が必要になっている。(1面参照)
 2日の日経平均を押し上げたのは海外投資家だ。「海外マネーが流れ込み売っても売っても下がらなかった」と大手証券の売買担当者は話す。
 年明けから3月まで1兆円超を売り越していた海外の投資家は、5月第4週まで8週連続で日本株の買い越しに転じた。この間の買越額は1
兆5200億円にのぼる。
 年初からの上昇率が高い株を見ると半導体やIT関連が目立つ。半導体製造装置大手の東京エレクトロンは48%上昇し17年ぶりの高値圏
にある。スマートフォン用ゲームのミクシィの株価は64%上昇し、インターネット通販のスタートトゥデイは41%上昇した。
 国内で稼ぐ銘柄では食品の好調が際立つ。「製品の値上げが浸透し利益率が改善する」(ピクテ投信投資顧問)との見方からニチレイは3割
、キリンホールディングスは2割上昇している。
 世界を見渡すと米アップルなどのIT企業が株高をけん引する。「技術革新が生み出す新しい市場で業績を伸ばす企業への期待は、日本でも
広がっている」とアセットマネジメントOneの柏原延行氏は話す。
 日本株を取り巻く外部環境も悪くない。株式市場では米連邦準備理事会(FRB)が年内2回の追加利上げに踏み切ると見ている。米国が利
上げすれば日米の金利差が拡大して円安・ドル高になりやすい。輸出企業の業績に追い風となる。
 日銀は年6兆円のペースで日本株の上場投資信託(ETF)を買い入れて下値を支える。国内景気の緩やかな回復も相まって「日本株を持た
ずにいる理由はなくなってきた」とJPモルガン・アセット・マネジメントの重見吉徳氏は指摘する。
 それでも日本株全体を底上げする構図にはなっていない。トヨタ自動車の株価は年初から11%下げた。三菱UFJフィナンシャル・グループは
0・2%高とほぼ横ばいにとどまっている。
 海外の長期投資家は日経平均や東証株価指数(TOPIX)などの株価指数に連動して運用するケースが多い。自動車や金融といった時価総
額の大きい株が上がらないのは長期の資金が十分に入っていないことを示す。
 自動車大手は自動運転や人工知能(AI)などの研究開発に力を入れるが、米グーグルなど他業種も交えた競争は激しさを増す。金融機関も
長引く低金利や国内の過当競争から抜け出す青写真を描ききれない。
 市場では「日本企業の競争力の向上にまだ懐疑的」(外資系証券)との声は根強い。株高の維持には円安に頼らなくても長期的に成長でき
る経営戦略が求められている。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/06/03(土) 07:15:45.98 ID:btlaNUzP.net

日本株ADR2日、買い優勢 野村や三井住友FGが大幅高
2017/06/03 05:08 日経速報ニュース 146文字
【NQNニューヨーク=森田理恵】2日の米株式市場で日本株の米預託証券(ADR)は買いが優勢だった。
日米の株式相場が上昇し、日本株ADRにも買いが入った。野村や三井住友FG、京セラが大幅高。
三菱UFJやソニー、LINEの上げも目立った。みずほFGやオリックスのほか、ホンダやキヤノンも買われた。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/06/08(木) 16:23:11.68 ID:KjaHWwSl.net

日銀:出口論は「時期尚早」から「説明重視」に−関係者
2017年6月8日 13:45 JST 更新日時 2017年6月8日 14:11 JST
出口への懸念の声に、より丁寧な説明必要との認識強める−関係者
財務試算の公表について、黒田総裁は「慎重に検討したい」と答弁

日本銀行が異次元緩和の出口をめぐる議論について、「時期尚早」としていた姿勢を改め、市場との対話を重視する方向に修正しつつある。

  複数の関係者によると、国会や報道で出口に関する関心が高まっていることに対し、日銀内には市場心理に悪影響が及ぶことを懸念す
る声が上がっており、より丁寧な説明を行う必要があるとの認識を強めている。ただ、物価上昇率は2%の目標まで距離があることもあり、
出口における財務の具体的なシミュレーションを公表するのは困難との姿勢は変えていない。

  日銀の財務の規模は前月末に初めて500兆円台に達しており、黒田東彦総裁が2013年4月に量的・質的金融緩和を導入してから3倍に
膨らんだ。黒田総裁は今年、国会に18回呼ばれており、出口について問われることが増えている。5月10日の衆院財務金融委員会では、民
進党の前原誠司氏から出口における日銀の財務面への影響の試算の公表を求められ、「慎重に検討したい」と答弁した。

  日銀が2%の物価目標を達成した後の出口では、物価上昇に合わせて、金融機関が預ける日銀当座預金に対する付利金利を引き上げ
ていくことになる。長期にわたる超低金利により、日銀が保有する国債の利回りが低下しており、金融機関への支払金利が国債の利回り収
入を上回る「逆ざや」となることが予想されている。

  岩田規久男副総裁は8日の参院財政金融委員会で、「政策運営の考え方について、日銀の財務面に及ぼす影響も含めて分かりやすく説
明することは説明責任の観点から重要」とし、「今後とも工夫を続けていきたい」と述べた。ただ出口のシミュレーションの公表については「複
数のシナリオを用いる場合でも、かえって混乱を招く恐れがある」と否定的な見方を示した。

赤字は「年間数兆円」との試算も

  元日銀理事の早川英男・富士通総研エグゼクティブフェローは4月のセミナーで、出口において日銀が巨額の損失を被り、規模は「年間
数兆円」に達すると指摘した。3月末の日銀の自己資本は7.8兆円。赤字が数年間続けば債務超過に陥るとの試算も出ている。

  自民党行革推進本部は4月、「事前にリスク等を分析し市場と対話を図ることは必要」とした提言を官邸に提出した。河野太郎本部長は同
月のインタビューで「日銀の納付金が減少したりなくなったりすれば、財政に影響がある。債務超過になっても放っておいて大丈夫と言う人も
いるが、まったくゼロリスクというのも考えにくい」と述べた。

  懸念が強まっていることに対し、審議委員の間から反論の声も上がっている。原田泰審議委員は今月1日、岐阜市内で会見し、出口で日
銀の財務が悪化し債務超過になったとしても、「一時的であり、別に問題もないし、資本注入も必要ではない」と説明。「理論的に考えても現
実的に考えても、何も心配する必要はない」と述べた。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/06/08(木) 16:25:28.01 ID:KjaHWwSl.net

銀行・生保株が一時上昇、日銀出口論で「説明重視」との報道で
2017年6月8日 14:36 JST 更新日時 2017年6月8日 15:18 JST

日本銀行が異次元緩和の出口をめぐる議論について、市場との対話を重視する方向に修正しつつあるとの報道を受けて、8日午後の株式市
場では、利ざや縮小や運用難に苦しむ銀行や生保の株価が上昇した。

  第一生命保険が一時、前日比4.4%高となったほか、メガバンクも三菱UFJフィナンシャル・グループ(一時3%高)、みずほフィナンシャル
グループ(同1.8%高)、三井住友フィナンシャルグループ(同2.4%高)と、軒並み上昇した。
  内藤証券の田部井美彦市場調査部長は、「もともと英選挙などのイベントは波乱なく通過するとみられ、朝から金融株が買い戻されてい
た」とした上で、午後の取引では「この報道が影響したようだ」と述べた。
  複数の関係者によると、国会や報道で出口に関する関心が高まっていることに対し、日銀内には市場心理に悪影響が及ぶことを懸念す
る声が上がっており、より丁寧な説明を行う必要があるとの認識を強めているという。ブルームバーグが報じた。
  日銀のマイナス金利政策を背景に、銀行業界は融資など本業の収益が低迷しており、邦銀3メガグループの今期(2018年3月期)連結純
利益は合計で前期実績比4.8%減の2兆1300億円となる見通し。減益は4期連続となる公算だ。
  

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/06/09(金) 03:38:06.16 ID:TQlI/En+.net

10年債利回り、0.065%に上昇 コール翌日物マイナス0.055%(8日)
2017/06/08 18:14 日経速報ニュース 246文字
 8日の国内債券市場で長期金利の指標となる新発10年物国債利回りは上昇(価格は下落)した。前日比0.020%高い0.065%で取引を終
えた。一時は0.075%と、3月17日以来およそ3カ月ぶりの高水準に上昇した。異次元緩和策の出口戦略を巡り「日銀は説明を重視する方
向に修正しつつある」と一部で報じられたのを手掛かりに売りが広がった。
 短期金融市場の無担保コール翌日物金利(加重平均、速報)は小幅に上昇した。前日比0.001%高いマイナス0.055%だった。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/06/10(土) 17:50:25.14 ID:w2T7rnzo.net

 台風の目のWDが暴走している──。WDが産業革新機構(INCJ)、日本政策投資銀行(DBJ)、米コールバーグ・クラビス
・ロバーツ(KKR)の日米連合に合流する交渉で、経済産業省の幹部はいら立ちを強めている。

 当初、有力視された交渉だったが、5月下旬、WDが経産省に突き付けたのは、(1)WDが日米連合と共に東芝メモリの買
収に乗り出して独占禁止法の審査をクリアする、(2)その後にWDが東芝メモリ株式の100%を取得する──という強気一辺
倒の案だった。

「なぜWDの買収をサポートするために国民の税金を使わなければならないのか」

 5月30日に開かれたINCJの投資委員会では、こうした経産省の意向が確認され、東芝メモリへの出資案の決議は見送られた。

 6月に入ってWDは、出資比率を2割程度にとどめる修正案を検討しているもようだが、一度擦れ違った日米連合が折り
合えるかどうかは予断を許さなくなってきた。

 一方で、東芝の主力取引銀行は早期売却の方針を崩しておらず、「何としても年度内に売却を完了させなければならない」
(主力行幹部)と主張し続けている。

 当初、主力行はWDが日米連合に合流する案を強く支持。このため「なぜINCJは受け入れないのか。このままでは来年3月
末に間に合わなくなる」(主力行首脳)と経産省への批判を強めていたが、WDの修正案の行方が不透明になると「次善の策」
に傾き始めた。

 2次入札に応札した、台湾・鴻海精密工業、米半導体大手ブロードコム、米投資ファンドのベインキャピタル、KKRの4陣営
のうち、「最も完成度の高い提案」と主力行が評価しているのがブロードコムだ。米投資ファンドのシルバーレイクと組み、金
融機関の融資枠を確保していることから、買収資金の根拠は明瞭。また通信用半導体大手のブロードコムなら、フラッシュ
メモリーの競合と違って独禁法もクリアできることから、優先交渉権を与えるべきとの考えが強まっている。

WDの弱みが徐々にあらわに、銀行にも焦り

 これと同時にあらわになってきているのがWDの焦りだ。
 東芝の提携相手だった旧米サンディスクを170億ドル(1兆9000億円)で買収したばかりのWDには資金がない。このため
に日米連合への合流を模索してきたが、資金力が豊富なブロードコムが選ばれることになれば、四日市工場の共同運営を
通じて飲み込まれるとの恐怖がWDにはある。

 また、東芝メモリの売却差し止めを求めて5月14日付で国際仲裁裁判所に申立書を提出したWDは、「長期戦」をちらつか
せて東芝を追い込んできたが、対立が長期化することはWD自身のリスクになることが分かってきた。

 東芝とWDの合弁契約では、四日市工場の土地と建物が東芝所有で、最も投資資金が必要になる製造装置を折半出資
することになっており、この合弁契約を「製造棟」ごとに結んでいる。

 しかし、建設中の第6棟は、東芝とWDの合弁契約がまだ完了していない。このまま東芝との対立が続いて、第6棟の増産
投資に参加できなければ、世界的なフラッシュメモリー需要拡大のビジネスチャンスを逸することになり、WD自身にとって大
きなダメージとなる。

 さらに、WD側の交渉当事者として前線に立っているマーク・ロング最高財務責任者(CFO)が5月に自社株500万ドルを売
却したことが米証券取引委員会(SEC)の開示で明らかになった。社運を懸けて東芝メモリの買収に乗り出しているWDの
トップが巨額の自社株を処分したことに「なぜこのタイミングで売るのか」と、WDの修正案を待つ日米連合の陣営の一部
から疑念の声も出る。

 強気一辺倒で攻勢に出ていたWDの弱みが明らかになるにつれて、当初、WDを支持していた主力行は一転してブロード
コム支持に傾きつつある。

 だが、ここで一段と浮き彫りになるのは「どこでもいいので早期売却を」とのエゴを押し通そうとする主力行の姿勢だ。
売却交渉で重視されるはずの東芝メモリの成長戦略が議論された形跡はほとんど見られない。

 経産省のある幹部は「東芝メモリに2兆円の価値が付くなら、東芝本体に抱えたままでIPO(新規株式公開)を目指せば
いい。そのためのスポンサーを探すのが筋ではないのか」と銀行主導の売却交渉に疑問を呈した。

 だが、東芝本体への資本注入の裏には債権放棄の影がちらつく。その気配を敏感に察知する銀行は、早期売却に向け
て東芝への圧力を一段と強めるが、こじれにこじれた売却交渉の出口はなお見えない。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/06/13(火) 07:05:35.48 ID:rHLslDyp.net

兵庫・姫路市と連携協定、三井住友銀、地方創生で。
2017/06/13 日本経済新聞 朝刊
 三井住友銀行と傘下のみなと銀行は12日、兵庫県姫路市と地方創生で連携協定を結んだ。姫路市をはじめとする8市8町から成る播磨
圏域の活性化を目指し、企業の販路拡大や人材確保、観光振興などに協力して取り組む。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/06/13(火) 07:15:13.61 ID:rHLslDyp.net

日本株ADR12日 買い目立つ キヤノンや野村が上昇
2017/06/13 05:18 日経速報ニュース 132文字
【NQNニューヨーク=横内理恵】12日の米株式市場で日本株の米預託証券(ADR)には買いが優勢だった。
同日の日米株式相場は下げたが、日本株のADRには買いが目立った。キヤノンや野村、トヨタが上昇。
NTTドコモやみずほFGも高い。一方、LINEや三菱UFJは下げた。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/06/13(火) 11:08:09.08 ID:z2acES2m.net

三井住友FG − 【四季報先取り】三井住友FG
詳細
【微減益】法人向けソリューション業務や海外ビジネスの増加図るが、国内の貸出金や有価証券運用は超低金利が響く。
与信費用増加見込み、経常微減益。連結納税制度導入による税効果の反動で純益は減。増配。
【新中計】業務改革室を設置し店舗の事務要員など4000人削減。今後3年で経費率1%削減、デジタルチャネル利用率
4割(現状2割弱)、配当性向4割目指す。
(『会社四季報』夏号《6月16日発売》の速報版です。)

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/06/14(水) 14:47:39.62 ID:ymDsbNwQ.net

金利、10年、横ばいの0.060%。
2017/06/14 日本経済新聞 夕刊 4ページ 119文字 書誌情報
 長期金利の指標となる新発10年物国債の利回りは前日比横ばいの0.060%で推移した。日本時間15日未明の米連邦公開市場委
員会(FOMC)の結果やイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の会見を見極めたいとして積極的な売買は差し控えられた。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/06/15(木) 07:08:12.96 ID:UhiL+xAF.net

金融緩和、現状維持へ、日銀、きょうから決定会合。
2017/06/15 日本経済新聞 朝刊
 日銀は15〜16日、当面の金融政策の運営方針を決める金融政策決定会合を開く。会合では短期金利をマイナス0・1%、長期金利を0%
程度に誘導する現在の金融緩和策(長短金利操作付き量的・質的金融緩和)の維持を決める見通しだ。
 金融政策を左右する消費者物価の上昇率は力強さを欠いており、日銀が目標に据える2%の実現にはなお遠い。金融緩和を継続して物
価の動向を見極める。
 一方、国内景気を巡って日銀は、足元で回復の度合いを強めているとみている。日本経済をけん引している輸出に加え、国内消費も改善
基調と分析。前回の4月の会合では、景気判断について9年ぶりに「拡大」と表現し、それまでの「回復」から上向きに修正した経緯がある。
 日銀は16日の会合終了後に決定内容を公表する。同日午後には黒田東彦総裁が記者会見し、決定理由を説明する。米連邦準備理事会
(FRB)はすでに、金融政策の引き締め段階に入っている。また欧州中央銀行(ECB)も、大規模な緩和策の終了にかじを切ろうとしている。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/06/15(木) 10:51:12.18 ID:xpMh+luY.net

<東証>三菱UFJが続落 米金利低下を懸念、金融株が安い
2017/06/15 09:51 日経速報ニュース 356文字
(9時45分、コード8306など)続落している。前日比9円20銭(1.3%)安の720円10銭まで下げた。14日の米国市場で将来の成長やインフレ
率の上昇期待がやや後退し、長期金利が低下した。利ざや悪化につながる金利低下を懸念した売りが出ている。
 市場では「銀行の将来の収益拡大期待もやや後退している」(マネックス証券の大槻奈那チーフ・アナリスト)との指摘があった。三井住友
トラ(8309)や東京海上(8766)も下落している。短期的な売買を手がける投資家の売りに押されている。
 米連邦準備理事会(FRB)は14日まで開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)で、保有資産の縮小を年内にも開始すると明言したが、債
券市場では将来のインフレ率や短期金利の上昇に対して懐疑的となっている。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/06/16(金) 05:59:49.33 ID:OiD4VyzZ.net

全銀協会長、日銀に注文 「出口戦略は市場と対話を」
http://www.sankeibiz.jp/business/news/170616/bse1706160500005-n1.htm
2017.6.16 05:00
 全国銀行協会(全銀協)会長に就任した三菱UFJフィナンシャル・グループの平野信行社長が15日、記者会見し、日銀が大規模な金融
緩和を終える「出口戦略」に関し「市場との対話に基づいて(縮小に関する)メッセージを出し、政策の予見性を高めることが必要だ」と注文
をつけた。
 日銀は物価上昇率2%という目標を達成する時期を「2018年度ごろ」とし、それが安定的に持続するまで緩和策を続けると約束している
。平野氏は緩和縮小について、「タイミングはものすごく難しい。(日銀が)国内外の状況を正しく把握して行動し、民間金融機関も協力する
ということに尽きる」と強調した。
 過剰融資が問題視されている銀行カードローンについては「一部行き過ぎがあったので是正しつつ、持続可能なビジネスモデルとして進
化させる」と強調した。
 経営再建中の東芝の半導体子会社「東芝メモリ」の売却に関しては「時間軸を意識する必要がある。売却の価格や確実性に関して株主
らへの説明責任を果たせる形で対応してほしい」と述べた。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/06/17(土) 07:07:10.01 ID:pbQxq6kN.net

日本株ADR16日、買い優勢 野村やLINEの上げ目立つ 
2017/06/17 05:08 日経速報ニュース 145文字
【NQNニューヨーク=森田理恵】16日の米株式市場で日本株の米預託証券(ADR)は買いが優勢だった。
日経平均株価が上昇したうえ米国株も底堅く、日本株ADRには買いが入りやすかった。野村とLINEが大幅高。
NTTドコモやオリックス、みずほFGも買われた。一方、トヨタやソニー、ホンダが下げた。

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/06/20(火) 09:05:38.96 ID:9UlW8ecv.net

主な成り行き注文(東証・前場)みずほFGが208万株の買い越し
2017/06/20 09:00 日経速報ニュース 121文字
 20日の東証1部の午前の取引開始前の成り行き注文で、主な買越銘柄はみずほFGが208万株、
三菱UFJが59万株、野村が52万株だった。
 一方、主な売越銘柄はタカタが806万株、ルネサスが208万株だった。

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/06/21(水) 20:28:02.90 ID:eOvDgBEG.net

東芝の半導体買収、日米韓連合は2兆円計画 ベインが8500億円出資
http://jp.reuters.com/article/toshiba-bain-idJPKBN19C13I

[東京/ソウル 21日 ロイター] – 東芝(6502.T)が半導体子会社の売却で、優先交渉先と決めた政府系ファンドの産業革新機構と
米系ファンドのベインキャピタルを主軸とする日米韓連合が、買収総額として2兆円を計画していることが21日、分かった。このうち、
ベインが8500億円を出資する方向で調整に入った。

複数の関係筋が明らかにした。関係筋によると、革新機構と日本政策投資銀行がそれぞれ3000億円ずつ出資する。ベインの出資
額8500億円のうち、約半分の4000億円を韓国半導体大手のSKハイニックス(000660.KS)が融資する。出資の総額は1兆4500
億円となる。SKハイニックスは、融資による間接的な関与にとどまることで、各国の独禁法を回避するのが狙いだ。

さらに三菱東京UFJ銀行が5500億円を融資し、最終的に2兆円の買収資金を組成する。

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/06/23(金) 09:32:17.18 ID:loQHr8yD.net

東証寄り付き 一時下げに転じる、米株安や米金利低下が重荷
2017/06/23 09:15 日経速報ニュース 526文字
 23日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は朝高後に一時下げに転じた。前日に比べ10円ほど安い2万0100円ちょうど近辺で
推移している。円相場が1ドル=111円台前半と前日夕に比べて小幅ながら下落し、主力企業の輸出採算への改善期待が強まったとして
朝方は買いが先行。ただ、前日の米株安や米長期金利の低下が重荷となり、まもなく下落に転じた。JPX日経インデックス400と東証株価
指数(TOPIX)は反発して始まり、一時下げに転じた。

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/06/23(金) 14:38:03.25 ID:ugZsXP3H.net

生保各社、外貨建てに活路 マイナス金利で運用難 投入相次ぐ
http://www.sankeibiz.jp/business/news/170623/bse1706230500002-n1.htm
2017.6.23 06:01

 生命保険各社が外貨建て保険商品を相次いで投入している。日銀のマイナス金利政策導入以降、国内金利の低下に拍車がかかり、運
用難から貯蓄性商品の販売停止が続いていた。高齢者層を中心に高まる資産形成ニーズに応えようと、各社は少しでも高い利回りを追求
できる外貨建て保険に活路を見いだした。
 明治安田生命保険は22日、外貨建て保険に参入すると発表した。8月2日から、営業職員販路で米ドル建ての一時払い養老保険、銀行
窓口で米ドルまたは豪ドル建ての一時払い終身保険を販売する。このうち営業職員が扱う商品は投資初心者向けに設計した。初年度は計
約3000億円の販売を目指す。

 太陽生命保険は7月、銀行窓口で外貨建て一時払い個人年金を発売する。日本生命保険は10月、営業職員販路で傘下の三井生命保
険の外貨建て保険の取り扱いを始める。最初の半年間で4万件の販売を目指す。
 このほか、第一フロンティア生命保険は今夏にも外貨建ての新商品を発売し、品ぞろえを7商品に拡充。住友生命保険は4月に三井住友
銀行で先行発売した外貨建て商品を7月ごろから地方銀行などでも売り始める。

 貯蓄性商品をめぐっては、マイナス金利の影響で契約者に約束する利回り「予定利率」を確保するのが難しくなり、昨夏には売っている商
品がほぼ消滅した。そこで各社が目を付けたのが外貨建て保険だった。
 日本生命の推計では、2016年度に銀行窓口で販売された外貨建て保険の収入保険料は、業界全体で約3兆円。日銀の大規模金融緩
和が始まる前の12年度から約3倍に伸長した。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/06/24(土) 16:11:18.37 ID:f7EbHtlO.net

【図・写真】パナソニックF―YHPX200。コンクリート造り43畳まで使え、1日の最大除湿量は17リットル
【図・写真】日立HJS―D771。コンクリート造り19畳まで使え、最大除湿量は1日7・7リットル
【図・写真】カドーDH―C7000はコンクリート造り19畳まで対応できる。1日の最大除湿量は7.5リットル

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/06/24(土) 16:20:32.13 ID:f7EbHtlO.net

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/06/26(月) 10:11:01.41 ID:5bGxZlBs.net

<東証>三井住友FG続落 取引先のタカタが民事再生法申請
2017/06/26 09:54 日経速報ニュース
(9時45分、コード8316)続落している。前週末比42円(0.99%)安の4218円まで下げた。取引先であるタカタ(7312)が26日に民事再生法
の適用を申請したと発表した。三井住友FGによるタカタ向け債権については「債務者区分の見直しもありうる」(マネックス証券の大槻奈那
チーフ・アナリスト)との見方があり、引当金が膨らむとの懸念が株価を押し下げている。
 日経会社情報によると三井住友銀行は2017年3月時点でタカタ株を1.56%保有し、第4位の株主となっている。保有株の評価についても
引当金の計上が必要になりそうだ。
 三井住友銀行は26日午前、タカタに対して当面の運転資金として250億円を上限とする融資枠を設けたと発表した。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/06/27(火) 06:08:51.99 ID:n/m2sYnR.net

フィンテック促進へ工学系学生が一役、みずほ銀、シンガポールで新インターン。
2017/06/27 日本経済新聞 朝刊
 【シンガポール=中野貴司】みずほ銀行はシンガポールで、新たなインターンシップ制度を始めた。工学専攻の学生などが銀行の実務や
課題を学んだ上で、現地の幹部に生産性やサービス改善の方法を提案するのが特徴だ。金融とIT(情報技術)が融合したフィンテックの促
進へ、若い世代の意見を取り入れる狙いだ。
 新たな制度は8月上旬までの予定で、シンガポール国立大学などの学部生12人が参加する。うち8人を工学やIT専攻の学生が占めてお
り、200人の応募者を絞り込む際も、斬新な発想ができるかを重視したという。学生はプログラムの最後に、みずほから与えられた業務の
自動化といった課題の解決策を幹部に提案する。
 みずほがこうした取り組みを始めるのは、ITの発展で銀行業務のあり方が大きく変わっているためだ。地場大手のオーバーシー・チャイニ
ーズ銀行(OCBC)も5月、起業家精神の育成に重点を置いた新インターンシップ制度を始めた。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/06/27(火) 06:15:20.05 ID:n/m2sYnR.net

危うい株価高騰(大機小機)
2017/06/27 日本経済新聞 朝刊
 日経平均株価が今月、約1年半ぶりに2万円の大台に乗せた。リーマン・ショック後の2008年10月には一時7000円を割り込み、10年
以降の旧民主党政権時代にも8000円台で低迷したが、いまやその2・5倍になっている。めざましい伸び方だ。
 他方、実体経済では様子が異なる。消費も国内総生産(GDP)もほとんど増えていない。今後、この状態が変わるとも思えない。
株価は本来、実体経済の今と将来見通しを反映するはずだ。ところが今は、この2つが乖離(かいり)している。何を意味するのか。
 株価が企業の収益性を反映しているなら、総生産が変わらない以上、人件費のカットか、海外活動による収益増か、円安による計算上の
収益増しかない。そうでなければ実体経済とはかけ離れたバブルだ。いずれにしても、国内の実体経済とは無関係だ。
 最も懸念されるのは、株価が官製価格になっていることだ。理由は日銀の異次元緩和にある。
 日銀は上場投資信託(ETF)の買い入れを増やし、今や日本株保有額の第3位だ。日銀の資産状況が悪化すれば円の信用が危ぶまれる
。そのため日銀は株価を維持したい。自分でつくった高値相場の維持に奔走せざるを得ない状況だ。
 株価維持には、巨額の年金資産を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)も一役買っている。約145兆円の運用資産のうち
、昨年末時点では約24%が国内株式に充てられており、保有額首位だ。
 政府・日銀一体の株価維持は、投資家にとって好都合だ。株価が下落しそうになれば政府や日銀が買い支えてくれる。大船に乗った気分
だ。政府も市場を安心させるだけでお金がわき、支持される。安上がりのばらまき政策だ。
 これでは、投資資金も政府が買い支えてくれそうなところに回り、将来発展しそうな企業に集中するという保証もない。状況は債券について
も同じだ。金融が未来への投資という役割を果たしておらず、ただのマネーゲームと化している。
 おまけに日本の株式の30%以上は外国人投資家が保有している。株価を維持しても、かなりの部分は海外の投資家の懐を肥やすことに
なる。
 日銀は市場から徐々に手を引くべきだ。(魔笛)

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/06/29(木) 08:27:15.28 ID:vMdBzEMj.net

キヤノン、2年半ぶり自社株買いに込めた意味
2017/06/29 05:30 日経速報ニュース
 キヤノンが約2年半ぶりとなる自社株買いを発表してからほぼ1カ月が経過した。自社株買い復活は「事務機器など主力事業の立て直し
やM&A(合併・買収)による事業構造の見直しに一定のメドが立った」とのメッセージだという。なるほど、株価は6月20日に年初来高値を
付けるなど一見、堅調だ。ただ、6月20日といえば日経平均株価も年初来高値を付けた日。市場平均を大きく上回って株価を押し上げる材
料にはならなかったともいえる。
 2017年12月期の連結純利益は3年ぶりに増加に転じる見通し。経営陣は2つの理由から業績回復への自信を深めている。
 背景の1つはレーザープリンターなどの事務機器やデジタルカメラの回復だ。ここ数年はペーパーレス化やスマートフォン(スマホ)の普及
が逆風となり、販売台数が減少傾向にあった。だが、新興国景気の回復に加え、自社で取り組んできた利益率の改善も寄与している。17
年1〜3月期はカメラや事務機の営業利益が前年同期に比べ、ともに約3割増加した。一眼レフカメラを例にとると、大分県の工場では200
0年ごろには約40人必要だった生産を3〜4人でまかなえるまで、生産性が向上している。
 もう1つは、力を入れてきたM&A効果。10年に商業印刷のオセ、15年にスウェーデンの監視カメラ大手のアクシスコミュニケーションズを
買収。16年には同社として過去最大となる約6655億円を投じ、東芝から医療機器を手掛ける東芝メディカルシステムズを取得した。買収で
取り込んだ事業が連結営業利益全体に占める割合はまだ1割程度だが、一連の買収で「新規事業の柱が出そろった」(御手洗冨士夫会長
兼最高経営責任者=CEO)。4兆円をなかなか抜けず、課題のひとつと指摘されていた連結売上高も、今期は4兆200億円となる見通し。
4兆円超えは08年12月期以来、9年ぶりだ。
 田中稔三副社長は自社株買いについて「さらなる株価上昇につなげていく、強い意思表明だ」と話す。「さらなる」と断っているのは、今年
の3月を境に株価が2段階で日経平均をアウトパフォームしていることと無関係ではないだろう。第1段階は3月。御手洗会長兼CEOが経
営説明会で「既存事業の経営環境が改善している」と発言したのが株価上昇のきっかけだった。4月26日に発表した17年1〜3月期決算
で、17年12月期の業績予想を上方修正したのが第2段階。しかし前述のように、第3段階をもくろんだ自社株買いは、一段のアウトパフォ
ームにはつながらなかった。
 自社株買いの規模は上限500億円。一連の改革で「3000億円のフリーキャッシュフローの黒字をコンスタントに確保する現金創出力を身
に付けた」(JPモルガン証券の森山久史氏)ことに照らせば、資金の使途としては決して過剰ではない。にもかかわらず、株価の反応がい
まひとつなのはなぜなのか。そのヒントもやはり、株価が示してくれそうだ。
 アベノミクス相場が始まった12年11月14日を起点として、自社株買いを中断する直前の年である14年の大納会までのキヤノン株は、上
昇率が58%にとどまった。2倍以上になった日経平均に比べ明らかに見劣りする。キヤノンは13年と14年に自社株をそれぞれ500億円と
1500億円買ったが、市場の評価にはつながらなかったわけだ。むろん、この間の業績停滞が背景だ。
 業績が低迷しても減配せず、継続して自社株買いにも資金を投じてきたキヤノンは、株主還元では日本企業トップクラスの実績を持つ。上
場企業が異口同音に株主還元強化をうたうなか、先駆者であるキヤノンの自社株買いがさほど市場から評価されないのはなんとも皮肉だ。
基本はやはり業績。株価は「伝えるべきメッセージは他にある」と告げているのかもしれない。

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/06/29(木) 14:22:35.87 ID:6qPrLhkY.net

日銀固定金利オペ、応札1590億円で全額落札 2週間物
2017/06/29 14:10 日経速報ニュース 150文字
 日銀は25日、固定金利方式の共通担保資金供給オペ(公開市場操作)を実施した。期間は7月3日〜7月18日の約2週間で、
8000億円の予定額に対し、1590億円の応札があり、全額を落札した。同オペでは2014年7月以降、応札額が予定額を下回る
「札割れ」が続いている。

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/07/02(日) 06:51:54.15 ID:M6nscdon.net

高値波乱の米株、揺らぐ「低金利」―欧州の金利上昇圧力が波及(今週の市場)
2017/07/02 日本経済新聞 朝刊
 米株式相場が高値波乱の様相になっている。けん引役のIT(情報技術)株に売りが目立ってきた。一つのきっかけは、欧州発の金利上昇
圧力。欧州中央銀行(ECB)は思ったよりも金融緩和の縮小に前向きかもしれない。そんな思惑から、金利の低位安定という株高の大前提
が崩れるリスクが意識され始めた。
 ECBのドラギ総裁は6月27日に「デフレの脅威は過ぎ去った」などと語り、緩和縮小が近いとの思惑からドイツの長期金利に上昇圧力が
かかった。この流れが米国にも波及。米長期金利は一時1カ月半ぶりの水準に上昇した。
 米連邦準備理事会(FRB)は2015年末以降、すでに4回の利上げをすませている。6月には資産縮小の具体的な工程表も発表した。今
さら他地域の金融緩和の縮小を巡る思惑が米株式相場を揺さぶるのは、奇妙にも思える。
 これには、FRBが利上げを続けているのに米長期金利が上がりにくいという現象が深くかかわっている。利上げ局面にもかかわらず、米
株式市場は低金利が株高を演出する「金融相場」の色彩を強く残す。低い長期金利が配当利回りなどの面から株式投資の魅力を高めてい
るわけだ。
 要因としてはまず、米債券市場にFRBによる金融政策の正常化が早晩、行き詰まるとの見方が根強いことが挙げられる。雇用市場が逼
迫するなかでもインフレ圧力は高まらない。株式市場も、FRBが正常化の強行に二の足を踏む「熱すぎず冷えすぎず」の景気状況なら心地
よい。
 もう一つ、金融緩和が続く日欧の超低金利も、米長期金利の上昇を妨げてきた。海外の投資マネーが、まだ2%台の利回り(長期金利)が
見込める米債に流れ込んでいる。同時に海外マネーの一部は米株にも入っており、グローバルでみた「カネ余り」が米株を押し上げる構図が
ある。
 ECBが緩和縮小に本腰を入れれば、とくに後者の要素が薄らいでしまう。
 米IT株の上昇はアマゾン・ドット・コムやアップルの成長力が評価された結果でもあり、「業績相場」でみられる現象だ。だが実態は、カネ余
りのもと、成長が見込める一握りのIT株にお金が集まり、株価指数を押し上げてきたと言ったほうが近い。アマゾンのPER(株価収益率)は
優に100倍を超える。
 低金利という前提が本当になくなるなら、調整局面入りも現実味を帯びる。今週は引き続きECB当局者の発言や欧州金利の動向に注意
が必要だ。米国関係では、7日に6月の雇用統計が発表される。雇用者数や失業率よりも、インフレに直結する賃金上昇率に加速感が出て
いるかを見極めるほうが重要だろう。

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/07/03(月) 12:55:27.32 ID:v17Bi3pB.net

最新テンバガー情報

http://honda.imag3.net

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/07/05(水) 10:53:50.21 ID:Y+wmE95t.net

<東証>三菱UFJなど銀行株が堅調 世界的な金利上昇観測で見直し
2017/07/05 10:42 日経速報ニュース
(10時40分、コード8306)続伸し、前日比6円40銭(0.8%)高の765円70銭まで上昇した。みずほFG(8411)も続伸している。世界的な金利
の先高観を背景に収益改善期待が強まり、ここまで出遅れていた銀行株をバリュー(割安)株の一角との位置付けで物色する動きが出てい
る。
 欧州での金融緩和の縮小観測をきっかけに国内外で金利が上昇している。米国では好調な経済指標の発表を受けて米景気の先行き懸
念が後退し、休場入り前の3日に長期金利は1カ月ぶりの高水準を付けた。高値圏にあったハイテク株や内需株に利益を確定する売りが出
るなか、運用利回りの上昇期待で業績懸念の和らいだ銀行株を見直す動きが出ている。もっとも「売買増を伴っていない力強さに欠ける上
昇で、基調が変わったとはまだ言えない」(松井証券の田村晋一ストラテジスト)との指摘も出ていた。

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/07/05(水) 21:13:56.31 ID:1Sj9IKTy.net

日銀、ETFを707億円買い入れ 前回比21億円減額(5日)
2017/07/05 18:23

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/07/06(木) 06:56:44.52 ID:PaBAg7ZW.net

将来の円高リスク意識、都議選で自民惨敗、日銀次期総裁巡り思惑、異次元緩和の転換警戒(ポジション)
2017/07/06 日本経済新聞 朝刊
 日銀の次期総裁を巡る思惑が相場に反映され始めた。きっかけは自民党が惨敗した東京都議選だ。円安を演出してきた異次元金融緩
和の転換を警戒し、将来の円高・ドル安にオプション取引で保険をかける動きが活発になっている。1ドル=110〜115円で円高にも円安
にも動きにくい「ぬるま湯相場」が続くなか、水面下で為替変動のマグマがたまっている。
 市場関係者の間で話題なのが「リスク・リバーサル」と呼ばれる指標の動きだ。オプション取引で円を売る権利から円を買う権利を引いた
値で、低下は円高警戒感の強まりを示す。7月初めの都議選前から1年物の下がり方が3カ月物に比べて急速に大きくなった。
 「市場は日銀の次期総裁人事を念頭に置いている」とあおぞら銀行の諸我晃氏は指摘する。黒田東彦総裁の任期は来年4月まで。もし
安倍晋三首相の求心力が落ちて、円安を演出してきた異次元金融緩和の流れが途切れてしまうような総裁人事になれば……。市場は半
年〜1年先に円高が進むシナリオをリスクとして意識し始めた。
 SMBC日興証券の森田長太郎氏は5日のリポートで「黒田総裁の続投は、少なくとも2018年4月という時点で、もっとも市場が安定する
シナリオ」と指摘。それ以外の人選では、市場がいったんは動揺する可能性があると分析した。
 もっともオプション取引はあくまで投資家にとって相場がメインシナリオから外れた場合の保険のようなものだ。三菱UFJモルガン・スタンレ
ー証券の宮崎浩氏は「足元は景気が良く、物価上昇率も年末には1%程度まで高まる。従来の路線を継承しない総裁を求める圧力は政権
にはかかりにくい」と強調。日銀総裁人事に伴う円高リスクが現実になる可能性は低いと分析している。
 為替の急変動リスクが意識されやすいのは、足元の相場が「ぬるま湯」のように安定している裏返しでもある。円相場はこの半年間、1ド
ル=108〜115円と比較的狭い値幅で推移。輸出企業にとっても、輸入企業にとっても、居心地のよい水準との見方が多い。
 金融業界ではこうした相場を英国の童話にちなんで「ゴルディロックス」と呼ぶ。記事データベースの日経テレコンで調べると、この言葉が
全国紙と雑誌で頻繁に使われたのは07年。為替レートが安定すれば、低金利の円を売って高金利の外貨を買う「円キャリー取引」が出や
すい。その翌年に米金融危機が発生して取引が巻き戻され、強烈な円高をもたらした。
 この童話は、いつもほどよいものを選び続けるゴルディロックスという名の少女が最後はクマに出合って逃げ出すところで終わる。クマ(ベ
ア)は相場用語で「弱気」のことだ。ほどよい相場の裏側では次のリスクのマグマがたまっている。

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/07/07(金) 12:18:47.60 ID:bz9dbJyY.net

8306 三菱UFJ
配信日時 2017/07/07 09:28:00 配信時価格[円] 757.9 前日比 -3.3
詳細 先進国の金利先高観が高まるなか、金融セクターへの物色が意識されやすいだろう。
株価は高値圏でのもち合いが続いているが、上昇する5日線が支持線として意識されており、
煮詰まり感が台頭。ボリンジャーバンドでは+2σを下回ってきており、買われ過ぎ感は後退
している。《TM》【株式会社フィスコ】

配信日時 2017/07/07 11:35:00 配信時価格[円] 759.4 前日比 -1.8
詳細 売り優勢。欧米金利の上昇はフォローとなるが、米国金融株の下落の影響でメガバンク
は売り先行の展開になっている。同社に関しては、SMBC日興証券が投資判断を「1」から「2」に
格下げしている。目標株価も835円から810円に引き下げへ。堅調な業績や還元強化の方向性
は株価に織り込み済みとなる一方、米法人税率下げ・規制緩和は市場期待を下振れる公算で、
追加的な好材料が必要になってきたとの評価。《WA》【株式会社フィスコ】

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/07/09(日) 07:08:07.80 ID:LYb6w5TC.net

GPIF、16年度運用益は7兆9363億円で2年ぶり黒字―保有銘柄トップはトヨタ
7/7 16:13

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は7日、16年度の収益額(運用益)が7兆9363億円だったと発表した。運用資産額は
144兆9034億円、運用実績を示す収益率は5.86%。国内外の株式市場が昨年11月の米大統領選挙後、経済対策への期待感と
世界的な経済指標の改善から大幅に上昇したことが寄与した。年金積立金の市場運用を開始した01年度から16年度までの累積収
益額は53兆3603億円に達している。

 3月末の運用資産別構成割合は国内債券31.68%(前年12月末は33.26%)、国内株式23.28%(23.76%)、外国債券13
.03%(13.37%)、外国株式23.12%(23.16%)、短期資産8.89%(6.46%)。GPIFの基本ポートフォリオは国内債券35%
(±10%)、国内株式25%(±9%)、外国債券15%(±4%)、外国株式25%(±8%)。

 また、16年度末における国内株式保有銘柄の時価総額上位10銘柄は以下の通り。トヨタ自動車<7203.T>が前年に続き1位となり、
昨年10位以下だったソニー<6758.T>とファナック<6954.T>が上位に入っている。

【GPIFの国内株式保有銘柄(時価総額順)】
(1)トヨタ自動車<7203.T> 1兆2022億円
(2)三菱UFJ<8306.T>    8222億円
(3)NTT<9432.T>      5983億円
(4)ホンダ<7267.T>      5334億円
(5)三井住友<8316.T>     5323億円
(6)ソフトバンク<9984.T>   5161億円
(7)みずほ<8411.T>      4983億円
(8)KDDI<9433.T>     4426億円
(9)ソニー<6758.T>      3534億円
(10)ファナック<6954.T>   3438億円

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/07/09(日) 07:30:12.20 ID:LYb6w5TC.net

日経平均、円安でも上値重く―金利急上昇を警戒(今週の市場)
2017/07/09 日本経済新聞 朝刊
 日経平均株価の上値が重くなっている。世界的な金利上昇で米欧株が下げ、海外投資家の日本株買いの動きが鈍っているためだ。本来
、日米の金利差拡大による円安・ドル高は日本株の押し上げ要因のはず。だが株式市場で金利急変動への警戒がくすぶり、楽観論が広が
りにくい。今週予定されるイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言に関心が向かいそうだ。
 「我々は踊り続けるのを宿命づけられているが、出口は近づきつつある」。世界最大のヘッジファンド、米ブリッジウォーター・アソシエーツ創
業者のレイ・ダリオ氏は6日、ビジネス交流サイト(SNS)のリンクトインにこんなコメントを投稿した。
 2008年のリーマン危機を受け各国は未曽有の金融緩和に動いた。それから9年。世界経済は成長軌道に戻りつつある。ダリオ氏は緩和
の修正局面が迫ってきたとみる。
 政策転換の中心はFRBだけではない。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は6月末の講演で「デフレの脅威は過ぎ去った」と語り、欧州
の緩和縮小観測が強まった。
 10年債利回りはドイツが0・5%台と1年半ぶりの水準まで上昇。米国は2・3%台後半と約2カ月ぶりの高水準だ。カナダや英国でも金融
引き締め観測が浮上している。
 引き締め観測の浮上と金利上昇は投資家に苦い記憶を思い出させている。13年5月の「テーパー・タントラム(緩和縮小による大混乱)」
だ。
 当時のバーナンキFRB議長が唐突に量的緩和の縮小に言及。米長期金利が急騰し、世界の株式相場は急落した。今回も金利が急激に
上昇すれば、株価も本格的な調整に向かうとの懸念が出ている。
 ただし、過度な心配はいらないとの声もある。三井住友アセットマネジメントの吉川雅幸氏は「当時より新興国経済が底堅く、緩和を縮小し
ても世界経済がガタガタになることはない」と指摘する。
 今週は12日にイエレン議長が米下院の議会証言に臨む。9月とも予想されているFRBの資産縮小の開始時期など今後の引き締めペー
スにどこまで言及するかが焦点だ。
 SMBC日興証券が米長期金利と米欧日の株価の相関を調べたところ、日本のみ金利上昇がプラスに働いていた。「良好な米景気が金利
上昇を招くことが多く、米景気に敏感な日本株は押し上げられやすい」(圷正嗣氏)ためだ。
 米金利上昇や市場予想を上回った6月の米雇用統計を受け、外国為替市場では一時1ドル=114円台まで円安が進んだ。大和証券の
壁谷洋和氏は「円安が続けば出遅れていた自動車株が買われ、日本株が底上げされる」とみる。
 だが日経平均が2万円の大台をなかなか固められないのは、主要国の金利急上昇が世界景気を冷え込ませるリスクを投資家が捨てきれ
ないからだ。円安が株高に結びつかないあたりに、今の日本株のジレンマが透ける。

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/07/16(日) 06:47:43.18 ID:ltNGcSKw.net

株持ち合い縮小、10%割れ、商社やゼネコン、売却加速、成長投資に振り向け。
2017/07/16 日本経済新聞 朝刊
 上場企業が取引関係の維持などを目的に保有する持ち合い株(政策保有株)を減らす動きが加速している。野村証券によると、2016年
度末の保有比率は9・9%と初めて10%の大台を割った。政府が進める企業統治改革によって上場企業が株主に合理的な保有理由を説
明できない株を持ちにくくなっているためで、多くの政策保有株を抱える商社やゼネコンなどが売却を急いでいる。売却資金を成長投資に振
り向け、資産効率の改善と成長を同時に狙う企業も増えてきた。
 「保有意義の薄れた株式は、当該企業の状況を勘案したうえで売却を進める」。丸井グループは統治改革の取り組みを記したコーポレート
ガバナンス報告書で、持ち合い株を原則売却する方針をこう説明している。
 同社は英ブランド「バーバリー」のライセンス権を失って業績が低迷している三陽商会の株について、217万株(発行済み株式の1・7%)
を3月末までに売却した。アパレル比率を下げて雑貨を増やすなど、株売却で得た資金を活用しながら消費者をひきつける売り場づくりを進
める。
 商社も持ち合い株の売却で得た資金を成長投資に振り向けている。例えば三井物産は16年度に東燃ゼネラル石油(現JXTGホールディ
ングス)株3600万株(同9・83%)を全て売却した。
 同社は東燃ゼネが精製した石油製品を調達・販売してきたが、同事業からは事実上撤退した。売却額は300億円を超えるとみられ、自
動車やヘルスケアなど成長分野への投資に充てていく。
 旧財閥グループ内でも売却が進んでいる。16年度は三菱商事が三菱UFJフィナンシャル・グループ株と三菱総合研究所株、住友商事が
住友化学株の一部を売却した。
 野村証券の西山賢吾ストラテジストは「長年の取引関係があっても解消や縮小の対象になっている」と指摘。2月には、かつて親子関係に
あった富士電機と富士通が持ち合いの縮小を発表した。
 日本の株の持ち合いの典型とされてきたゼネコンでも解消が進む。戸田建設は17年度から年約50億円、西松建設も年約10億円超を売
却する。戸田建設は16年度末に約1600億円と総資産の3割を占める株を抱える。16年度は保有する三菱地所株と大和ハウス工業株の
一部を売却した。売却資金を使って不動産開発や風力発電などに720億円を投資する計画だ。
 JFEホールディングスは製鉄所の老朽設備の更新投資の資金に充てるため、政策保有株の売却を加速している。16年度はみずほフィナ
ンシャルグループの保有株数を前の年度から11%減らし2258万株、三菱UFJは同50%減の199万株に減らした。このほか清水建設、
大林組などの事業会社の株も売却。16年度は株式売却益を300億円計上した。
 1990年代後半から日本企業の持ち合い関係の中心にいた銀行が、不良債権処理の原資を確保するために保有株売却を加速。事業会
社も銀行株を売却し、持ち合い比率はピークだった90年度の34・1%から05年度に11・6%まで急低下した。
 だがその後、米スティール・パートナーズなど株が割安な企業に敵対的買収を仕掛けるファンドが登場し、防衛目的から持ち合いが一部で
復活。持ち合い比率も08年度は13・0%に上昇した。
 金融庁と東京証券取引所が15年から上場企業への適用を始めた企業統治指針は議決権行使が空洞化しかねない持ち合いの解消を促
し、売却の流れが再び動き出した。企業は最後まで持ち続けてきた株も売り始め、持ち合い比率は「岩盤」だった10%の大台を割った。
 資産効率の改善を求める株主の視線も厳しくなっており、解消や縮小に向けた動きは今後も続きそうだ。
【表】政策保有株の売却が相次いでいる   
会社名 保有株 保有比率の〓変化(%) 
戸田建設 大和ハウス 0.16 → 0.12 
 三菱地所 0.80 → 0.71 
積水化学 積水ハウス 7.35 → 5.94 
JFE みずほFG 0.09 → 0.08 
 三菱UFJ 0.02 → 0.01 
富士電機 富士通 5.28 → 2.87 
三井物産 東燃ゼネ〓(現JXTG) 9.83 → 0 
三菱商事 三菱総研 7.39 → 5.93 
 三菱UFJ 0.12 → 0.04 
丸井G 三陽商 1.72 → 0 
(注)保有比率は有価証券報告書をもとに15年度末と16年度末を比較  

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/07/16(日) 06:49:04.75 ID:ltNGcSKw.net

株持ち合い縮小、初の10%割れ 売却資金で成長投資
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO18921140V10C17A7EA5000/

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/07/18(火) 23:58:06.16 ID:xjILLzS2.net

米国株、下げて始まる 金融大手の決算を嫌気、米政権への懸念も広がる
2017/07/18 22:52 日経速報ニュース 1118文字
【NQNニューヨーク=森田理恵】18日の米株式相場は下げて始まった。午前9時35分現在、ダウ工業株30種平均は前日比65ドル06セント
安の2万1564ドル66セント、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同23.120ポイント低い6291.311で推移している。大手金融
機関が発表した2017年4〜6月期決算で、債券を中心にトレーディング収入が軒並み減少。嫌気した売りが広がり、相場全体の重荷になっ
た。
 ゴールドマン・サックスが取引時間前に発表した17年4〜6月期決算は、債券部門のトレーディング収入が前年同期から40%減った。特
別項目を除いた1株利益は3.95ドルと市場予想(3.39ドル)を上回ったが、朝方は嫌気した売りが先行した。同じくダウ平均の採用銘柄であ
るJPモルガン・チェースにも売りが波及し、相場を押し下げた。18日に発表したバンク・オブ・アメリカも4〜6月期の債券トレーディング収入
が14%減り、下げて始まった。
 米メディアによると、米共和党上院は前日夜、オバマケア代替法案の採決を断念した。月内にも採決予定だったが、党内で反対派が増え
て法案可決に必要な人数を確保できなくなったという。改革期待が一段と後退したことも市場心理を冷やした。
 大型バイクのハーレーダビッドソンが急落。発表した4〜6月期決算で売上高が市場予想に届かなかった。あわせて前期比ほぼ横ばいと
みていた17年12月期通期の出荷台数を6〜8%減に下方修正し、嫌気した売りがかさんだ。半導体大手のアドバンス・マイクロ・デバイス(
AMD)は大手証券による投資判断の引き下げが伝わり、売り優勢で始まった。
 日用品のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)も売られている。朝方発表した4〜6月期決算で特別項目を除いた1株利益が市場予想を上
回った。17年12月期通期の売上高と1株利益の見通しを市場予想を上回る水準に上方修正し、寄り付き前の時間外取引では買いが先行し
ていた。
 ダウ平均の構成銘柄ではIT(情報技術)機器のシスコシステムズやアップル、マイクロソフト、IBMやインテルなどに売りが先行した。
 動画配信のネットフリックスは急伸し、上場来高値を更新した。前日夕に発表した4〜6月期決算で利用者数が市場の予想以上に増えた
ことが好感された。18日はアナリストによる目標株価の引き上げが相次ぎ、上値余地が意識された。航空防衛大手のロッキード・マーチンも
4〜6月期決算を手がかりとした買いが優勢となっている。
 ダウ銘柄ではプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)や、石油のシェブロンとエクソンモービル、通信のベライゾン・コミュニケーションズが高い。

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/07/21(金) 06:12:08.05.net

三井住友銀、海外送金、確認しやすく。
2017/07/21 日本経済新聞 朝刊 7
 三井住友銀行は来年2月をめどに、企業が海外の取引先などに振り込んだ送金データを追跡できるサービスを始める。払い込みが完了
するとパソコンの画面上に「入金済」と表示され、一目で確認できるようになる。海外向け送金の事務処理を即日行うようにもし、企業の利
便性を高める。
 これまでは、取引先の銀行口座に代金を振り込んでも送金の状況が分からなかったため、自ら取引先に払い込みが済んだか確認する必
要があった。

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/07/21(金) 06:17:52.83.net

大手銀、大幅買い越し、6月の公社債売買高、5年ぶり水準。
2017/07/21 日本経済新聞 朝刊
 国内債券市場で大手銀行が国債を買い進めている。日本証券業協会が20日発表した6月の公社債投資家別売買高(短期証券を除く)
によると、大手銀行の買越額は2兆2512億円と5年ぶりの高水準となった。海外の中央銀行が金融政策の正常化へ動くなか、日本でも
じわり金利が上昇(価格は下落)。割安感から買いが入ったようだ。
 全体では4兆4263億円の買い越しで、2年7カ月ぶりの高水準となった。大手銀がけん引し、特に中期債の増加が目立った。大手銀の
買い越しは2カ月連続で「日銀が異次元緩和を導入した後では珍しい動きだ」(国内大手証券)。
 一方、海外勢は買越額を減らした。7993億円と前の月から1兆円あまり少なかった。ここ3年間は買い越しが続いているが、直近のピー
クを付けた昨年4月と比べると8割も減った計算になる。
 6月は幅広い年限の国債で利回りが上がった。欧米の主な中央銀行が金融政策の正常化を進めようとするなか、海外市場で金利が上昇
したことから日本の金利にも上昇圧力がかかった。長期金利の指標となる新発10年物国債の利回りは6月末に約3カ月ぶりの水準を付け
ていた。
 もっとも、市場では金利の先高観は弱まりつつある。日銀は指定した価格で国債を買い入れる指し値オペ(公開市場操作)を7月上旬に5
カ月ぶりに通知した。
 オペを受けて、目先の金利上昇も抑えられるとの見方は根強い。東海東京証券の佐野一彦チーフ債券ストラテジストは「金利が下がった
局面では利益確定の売りも出やすいが、都銀の一定の買い越しは続くだろう」と指摘している。
【表】6月の公社債投資家別売買差額   
〓〓 単位億円、▲は売り越し、カッコ内は前月 〓〓 
▽短期証券を含む      
 大手銀 23,487 ( 31,079 ) 
(長信銀等を含む)      
 地銀 2,533 ( 2,150 ) 
 信託 8,817 ( 2,341 ) 
 農林系 7,680 ( 2,589 ) 
 生損保 2,388 ( 3,063 ) 
 投信 3,849 ( 3,212 ) 
 外国人 176,464 ( 178,513 ) 
▽短期証券を含まない      
 大手銀 22,512 ( 14,782 ) 
(長信銀等を含む)      
 地銀 2,533 ( 2,150 ) 
 信託 4,465 ( ▲1,822 ) 
 農林系 2,729 ( 2,589 ) 
 生損保 2,211 ( 2,863 ) 
 投信 1,621 ( 372 ) 
 外国人 7,993 ( 19,887 )

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/07/21(金) 06:21:05.34.net

日本株ADR20日、買い優勢 キヤノンや野村が高い
2017/07/21 05:20 日経速報ニュース 173文字
【NQNニューヨーク=戸部実華】20日の米株式市場で日本株の米預託証券(ADR)には買いが優勢だった。
日本の株式相場が上げたほか、米国ではハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数が10日続伸し、
日本株ADRにも買いが及んだ。キヤノンが2%近く上昇したほか、野村やオリックス、三菱UFJが買われた。
一方、京セラや三井住友FG、ホンダが下落した。

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/07/25(火) 07:05:36.20 ID:xcz33kq6.net

日本株ADR24日、高安まちまち LINEは上昇、NTTドコモは下落 
2017/07/25 05:16 日経速報ニュース 166文字
【NQNニューヨーク=戸部実華】24日の米株式市場で日本株の米預託証券(ADR)は高安まちまちだった。
ダウ工業株30種平均は下落した一方、ナスダック総合指数は上げた。米国株の方向感が定まらず、日本株
ADRは売り買いが交錯した。LINEが1%強上昇し、三井住友FGやオリックスも高かった。一方、NTTドコモ
やキヤノン、野村が安かった。

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/07/26(水) 14:17:32.64 ID:jXHrR9ot.net

主な成り行き注文(東証・後場)みずほFG213万株の買い越し
2017/07/26 12:29 日経速報ニュース 129文字
 26日の東証1部の午後の取引開始の成り行き注文で、主な買越銘柄はみずほFG213万株、
積ハウス22万株、MARUWA21万株、NEC19万株などだった。
 主な売越銘柄はタカタ32万株、芦森工9万株、野村6万株などだった。

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/07/28(金) 06:40:36.03 ID:lRCTQiXN.net

米国株、ダウ続伸 85ドル高で最高値 主力ハイテク株安でナスダックは反落 
2017/07/28 05:52 日経速報ニュース 943文字
【NQNニューヨーク=横内理恵】27日の米株式市場ではダウ工業株30種平均が3日続伸した。前日比85ドル54セント(0.4%)高の2万1796
ドル55セントで取引を終え、連日で過去最高値を更新した。四半期決算が好調だったベライゾン・コミュニケーションズやプロクター・アンド・ギ
ャンブル(P&G)が買われ、ダウ平均を押し上げた。午後にかけては伸び悩み、小幅安に転じる場面もあった。
 通信大手のベライゾンが7%あまり上昇した。携帯電話の契約者数が純増となり、売上高が市場予想を上回った。1株利益が市場予想を
上回ったP&G株も堅調だった。航空機のボーイングにも前日発表の決算を好感した買いが続き、この3銘柄でダウ平均を80ドル強押し上げ
た。原油先物相場が上昇し、石油株もしっかり。
 一方、前日まで堅調だったアップルなどの主力ハイテク株に利益確定や持ち高調整の売りが広がり、相場の重荷となった。午後にはダウ
平均は23ドル安と小幅に下げる場面があった。
 ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は4営業日ぶりに反落し、同40.561ポイント(0.6%)安の6382.186で終えた。アップルやグ
ーグル持ち株会社のアルファベット、マイクロソフトなどに利益確定売りが広がった。引け後に決算を発表したアマゾン・ドット・コムも下げに転
じて終えた。前日夕に発表した決算が好感され、フェイスブックは上昇して終えた。
 多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数は3営業日ぶりに反落した。業種別S&P500種株価指数(全11業種)では「電
気通信サービス」「エネルギー」など5業種が上昇。「IT」「ヘルスケア」などが下落した。
 27日発表した四半期決算で1株利益などが市場予想を上回ったCATVのコムキャストが小幅高。同業のチャーター・コミュニケーションズは
純利益が市場予想を下回ったが、契約者数が市場予想ほど減らず、株価は大きく上昇した。
 決算は市場予想以上だったものの、利用者数が伸び悩んだツイッターは急落した。業績見通しが慎重と受け止められたサウスウエスト航
空も安い。肺がん治療薬の臨床試験で有効な結果が出なかったと発表した英製薬のアストラゼネカの米預託証券(ADR)も大幅安だった。

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/07/29(土) 07:01:20.75 ID:1bndT/A7.net

日本株ADR28日、高安まちまち 京セラの上げ目立つ、野村は下落
2017/07/29 05:13 日経速報ニュース 222文字
【NQNニューヨーク=神能淳志】28日の米株式市場で日本株の米預託証券(ADR)は高安まちまちの展開だった。
日本の株式相場は下げたものの、米ダウ工業株30種平均が過去最高値を更新するなど米株式相場は底堅く推移
し、日本株ADRは売り買いが交錯した。2017年4〜6月期の連結決算で純利益が前年同期から倍増した京セラが
4%近く上昇。トヨタやオリックスも高い。一方で、4〜6月期の連結決算で21%の増益となった野村は下落。
キヤノンやソニーも売られた。

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/07/29(土) 07:06:09.72 ID:1bndT/A7.net

三井住友銀、シカゴに出張所 鉄道貨車リースを強化
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDC28H2C_Y7A720C1EA4000/

参考になったらSNSでシェアお願いします!

レスを投稿する(名前省略可)

この記事を読んだ方へのおすすめ

  • 【3723】日本ファルコム3【暁の軌跡始動】

    元スレ 1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/09/20(火) 02:26:52.25 ID:1KklYe0j.net 公式 http://www.falcom.co.jp/ yahoo株価 http://stoc…

  • 【6584】三桜工業

    元スレ 1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2019/07/22(月) 19:44:25.50 ID:gt8rKiuE.net 今日の19時の返信ツイート うねり取り侍@KtXKcqk94aSekDG 返信先: @Sach…

  • 【8316】三井住友FG【臨時】

    元スレ 1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/03(水) 07:46:37 ID:HkaknCDc.net ■三井住友フィナンシャルグループ ttp://www.smfg.co.jp/ ■三井住友銀行 ttp…

  • 【6334】明治機械【挽砕】

    元スレ 1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/10(火) 18:39:43 ID:t5eKNiEo.net 寂しいので、たてました。 会社 HP http://www.meiji-kikai.co.jp/me…

  • 【3851】日本一ソフトウェア

    元スレ 1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2019/06/14(金) 06:01:29.33 ID:6mztsfOy.net 前スレ 【3851】日本一ソフトウェア【ワラント】 https://mao.5ch.net/t…

  • 【9142】JR九州・九州旅客鉄道【祝上場】

    元スレ 1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/10/31(月) 09:33:17.68 ID:vvP/qX5u.net 市況実況1から引っ越してきました。 オフィシャル http://www.jrkyushu.co…

  • 【6786】 RVH 【おどろきの割安株!】

    元スレ 1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/06/21(水) 22:55:26.58 ID:36Ci2aFD.net PER4.73 PBR1.15 なお、来期予想はさらに利益が増え、割安になる模様。 2 :名無…

  • 不動産セクター総合232

    元スレ 1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2020/01/02(木) 20:26:14.19 ID:7xyBjB20.net ◎東証1部 8801三井不動産・8802三菱地所・8803平和不動産・8804東京建物・883…

  • 3760、ケイブ

    元スレ 1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/03/16(金) 01:01:38.51 ID:afXwkrhM.net 誰か立てろよ 2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/03/16(金) 01:02:18.…

  • 【2772】ゲンキー連結経益41.8%増

    元スレ 1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/07/21(金) 09:18:03.46.net 元気過ぎるケンキー! 2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/07/21(金) 09:33:12.40.net ど…

  • 【9477】(株)角川グループホールディングス 【臨時】

    元スレ 1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/04(月) 14:38:16.49 ID:8YsWVWUF.net HP http://www.kadokawa-hd.co.jp/index2.php 8 :メ…

  • 日本郵政・ゆうちょ銀行・かんぽ生命

    元スレ 1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/11/28(月) 15:21:24.29 ID:hScugXBq.net 祝、公募価格復帰! 5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/11/28(月) 15:27:…

最近のコメント

コメントはまだありません
口座開設で初回入金100%ボーナス
ページTOPへ↑